ここから本文です
  1. 齷齪

    〘副〙 =あくせく(齷齪)〔音訓新聞字引(1876)〕※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉温泉場日記「文学士は売文に齷齪(アクソク)する」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 齷齪

    [1] 〘副〙 =あくせく(齷齪)〔壒嚢鈔(1445‐46)〕[2] 〘形動ナリ〙 (中国の近世語から) きたないさま。みにくいさま。※通俗赤縄奇縁(1761)二「朱重原来老実の者にて、又蘭花が貌齷齪(アクサク)(〈注〉キタナイ)なれば」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 齷齪

    ( 副 ) スル 「あくせく(齷齪)」に同じ。 「文学士は売文に-する/社会百面相 魯庵」
    大辞林 第三版
  4. 齷齪

    〘副〙 (「あくさく」の変化した語) 心にゆとりがなく、目先にだけ心をうばわれたようにせわしく事を行なうさまを表わす語。※雑俳・筑丈評万句合(1746‐48)「あくせくでかせいだ暮の餠の重」※和英語林集成(再版)(1872)「Akuseku ...
    精選版 日本国語大辞典
  5. 齷齪・偓促

    ( 名 ) スル ⇒ あくせく(齷齪)
    大辞林 第三版
  6. 齷齪/偓促

    [副](スル)「あくせく(齷齪)」に同じ。「蓋(けだ)し彼れ本より―斗筲(とそう)の才にして」〈東海散士・佳人之奇遇〉
    デジタル大辞泉
  7. 齷齪・偓促

    ( 副 ) スル 〔「あくさく」の転〕 心にゆとりがなく、目先のことに追われてこせこせと気ぜわしく事をするさま。あくそく。 「毎日-(と)働く」 「欲をかわくな-するな/五重塔 露伴」
    大辞林 第三版
  8. 齷齪/偓促

    [副](スル)《「あくさく」の音変化》細かいことを気にして、落ち着かないさま。目先のことにとらわれて、気持ちがせかせかするさま。「―(と)働く」「つまらないことに―する」
    デジタル大辞泉
  9. いじかり股

    股を広げ、足を曲げて歩く姿。えじかりまた。「踏張足(ふんばりあし)齷齪足(あくせくあし)外輪大股―無論美人ならず」〈露伴・艶魔伝〉
    デジタル大辞泉
  10. かわく

    [動カ五(四)]好ましくない物事をすることをののしっていう語。しやがる。していやがる。「欲を―・くな齷齪(あくせく)するな」〈露伴・五重塔〉「盗み―・くはどいつぢゃい」〈浄・丹波与作〉
    デジタル大辞泉
本文はここまでです このページの先頭へ