ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 院宣

    〘名〙 平安時代以来の文書の様式の一つ。上皇や法皇の仰せをうけて院司の一人が奉者となって書かれる奉書の一種。書止めは「院宣如レ此。悉レ之」「院御気色所レ候也。仍執達如レ件」などとなる。内容は私的なものから公的なものまで範囲が広く、院政期にな ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 院宣

    院司などが上皇、法皇の意を受けて発行する文書。したがって本文末尾に「院宣如此(かくのごとし)」「院御気色所候也(いんのごきしょくそうろうところなり)」あるいはただ「御気色所候也」というような文句を入れ、院の意向を伝えるものであることを示して ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 院宣

    院政期~江戸時代に見られる古文書様式の一つ。上皇の仰(おおせ)を奉(うけたまわ)った側近がその意を体して発信する書札様文書。〈院の宣旨〉の略で,もともとは上皇の口頭命令ないしその内容を示す語であるが,転じて側近が院の宣旨を当事者に伝える文書 ...
    世界大百科事典 第2版
  4. 院宣

    院司(院庁(いんのちょう))が院(上皇および法皇)の命を奉じて出す文書。〈院の宣旨(せんじ)〉の略。院政とともに盛行したが,同じ院政時に用いられた院庁下文(くだしぶみ)に比べ私的文書の形をとる。→関連項目織田荘|近木荘|裁許状|新制|薪荘| ...
    百科事典マイペディア
  5. 院宣

    院司が上皇や法皇の意志を奉じて出す奉書。宇多法皇に始り,院政の発展とともに次第に重要性を増した。一般政務のほかに私的な面にも使われた。
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  6. 院庁

    院司(上皇・法皇・女院(にょいん)・後院(ごいん)などに仕えて院中の諸事をつかさどる職員)の役所をいうが,狭義には院政をとる上皇の政務機関のこと。→関連項目院宣|西面の武士|別当
    百科事典マイペディア
  7. 法皇

    出家した上皇の称。太上(だいじょう)法皇の略。平安前期の宇多法皇が最初とする説があり,江戸中期の霊元(れいげん)法皇が最後。聖徳太子が上宮(じょうぐう)聖徳法王と尊称され,道鏡は法王の地位についたが,これらの法王は法皇とは別である。→宇多天 ...
    百科事典マイペディア
  8. 宣旨

    勅旨を伝えるための文書。もと勅旨は中務(なかつかさ)省を通じて下達されたが,平安初期蔵人所(くろうどどころ)の設置以後は,蔵人を通じて上卿(しょうけい)(その事柄を担当する公卿)に伝達され,上卿が太政官内の弁官局または外記(げき)局に伝え, ...
    百科事典マイペディア
  9. 上皇

    天皇の譲位後の称。太上(だいじょう)天皇の略。太上天皇の最初は文武天皇に譲位した持統天皇。平安初期から上皇または院と略称されて通用し,同後期には天皇に対し父権を行使して院政を展開した。2人以上の上皇があるときは本院(一院)・中院・新院と区別 ...
    百科事典マイペディア
  10. 院政

    上皇(じょうこう)または法皇(ほうおう)が行う政治。白河院の1086年から平家滅亡のころまで約100年間を院政時代といい,院宣(いんぜん)が詔勅・宣旨(せんじ)よりも重んじられた。最初,院政は藤原氏の摂関政治と対立するが,保元(ほうげん)の ...
    百科事典マイペディア
本文はここまでです このページの先頭へ