ここから本文です
  1. 酔生夢死

    〔程頤「明道先生行状」〕 有意義なことを一つもせず、むだに一生を終えること。
    大辞林 第三版
  2. 酔生夢死

    《「程子語録」から》酒に酔ったような、また夢を見ているような心地で、なすところもなくぼんやりと一生を終わること。
    デジタル大辞泉
  3. 夢死

    夢のようにはかなく一生を終わること。むなしく死んでいくこと。「酔生夢死」
    デジタル大辞泉
  4. [音]ム(呉) [訓]ゆめ[学習漢字]5年〈ム〉ゆめ。「夢幻・夢想・夢中/悪夢・吉夢・残夢・春夢・酔夢・迷夢・霊夢・酔生夢死・白昼夢」〈ゆめ〉「夢路・夢見/初夢・正夢」
    デジタル大辞泉
  5. 務・夢・武・無・矛・霧

    【矛】 [音] ム ・ボウ ほこ。長いほこ。 「矛盾・矛戟ぼうげき」 【武】 ⇒ ぶ〔武〕 [漢] 【務】 [音] ム つとめ。つとめる。 「義務・急務・業務・勤務・激務・兼務・公務・国務・事務・職務・政務・本務」 【無】 [音] ム ・ブ ...
    大辞林 第三版
  6. 出・吹・垂・帥・悴・推・水・炊・睡・穂・穗・粋・粹・翠・衰・遂・酔・醉・錐・錘・陲・隧

    【水】 [音] スイ ① みず。 「水圧・水泳・水害・水準・水素・水道・水分・水平・薪水・断水・排水・防水・用水・流水・蒸留水」 ② 自然界にある、みず。川や海など。 「水上・水辺・水陸・海水・湖水・山水・一衣帯水」 ③ 水のようなもの。 ...
    大辞林 第三版
本文はここまでです このページの先頭へ