ここから本文です
  1. 進化

    ( 名 ) スル ① 生物は不変のものではなく、長大な年月の間に次第に変化して現生の複雑で多様な生物が生じた、という考えに基づく歴史的変化の過程。種類の多様化と、環境への適応による形態・機能・行動などの変化がみられる。この変化は、必ずしも進 ...
    大辞林 第三版
  2. 進化

    〘名〙 (evolution の訳語)① 生物の種が別の種に変わること。一般に、体制の複雑化、適応の高度化ならびに種類の増加を伴う。※人権新説(1882)〈加藤弘之〉一「動植物が生存競争と自然淘汰の作用により漸く進化するに随て」※吾輩は猫で ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 進化

    [名](スル)1 生物が、周囲の条件やそれ自身の内部の発達によって、長い間にしだいに変化し、種や属の段階を超えて新しい生物を生じるなどすること。一般に体制は複雑化し機能は分化していく。また、無機物から有機物への変化、低分子から高分子への変化 ...
    デジタル大辞泉
  4. 進化

    生物は造物主によって現在の形のまま創造されたとする種の不変説に対して、原初の単純な形態から次第に現在の形に変化したとする自然観。一九世紀後半ダーウィンらによって体系づけられ諸科学に甚大な影響を与えた。
    大辞林 第三版
  5. 進化

    〘名〙 (evolution theory の訳語) 生物は初めて地球上に現われた単純微小な原始生命から次第に進化したという説。造物主による動植物創造の観念に対立する。ダーウィンに至って体系として確立。文化一般に多大な影響を与えた。進化の原 ...
    精選版 日本国語大辞典
  6. 進化

    生物のそれぞれの種は、単純な原始生物から進化してきたものであるとする考え。ラマルクの用不用説、ダーウィンの自然選択説、ド=フリースの突然変異説などがある。現在では主として進化の要因論をいう。
    デジタル大辞泉
  7. 進化主義

    進化論の影響のもとに、未開社会から先進社会までの文化や社会構造の発展を単線的な進化のプロセスとして捉えようとする文化人類学の理論。一九世紀後半に有力であったが、現在では否定されている。
    大辞林 第三版
  8. 進化主義

    〘名〙 変動する諸事象を、ひとつの方向性を持った変化(進化)として説明する立場。※人権新説(1882)〈加藤弘之〉一「余は物理の学科に係れる彼進化主義を以て天賦人権主義を駁撃せんと欲するなり」
    精選版 日本国語大辞典
  9. 進化主義

    事象の変化を進化の原理によって説明しようとする立場。社会や文化の歴史的発展をこれによって説明しようと試みたモルガンやタイラーが代表者。
    デジタル大辞泉
  10. 進化心理学

    人間の心的活動の基盤が、その生物学的進化の過程で形成されてきたとする心理学の一分野。人類学・社会生物学・認知科学など多くの領域にまたがる学問分野。
    デジタル大辞泉
本文はここまでです このページの先頭へ