ここから本文です
  1. 辞書

    ① 多くの言葉や文字を一定の基準によって配列し、その表記法・発音・語源・意味・用法などを記した書物。国語辞書・漢和辞書・外国語辞書・百科辞書のほか、ある分野の語を集めた特殊辞書、ある専門分野の語を集めた専門辞書などの種類がある。辞典。辞彙じ ...
    大辞林 第三版
  2. 辞書

    1 多数の語を集録し、一定の順序に配列して一つの集合体として、個々の語の意味・用法、またはその示す内容について記したもの。語のほかに接辞や連語・諺なども収める。また、語の表記単位である文字、特に漢字を登録したものも含めていう。辞書は辞典(こ ...
    デジタル大辞泉
  3. 薩摩辞書

    英和辞典。「改正増補和訳英辞書」の通称。1869年(明治2)上海で出版。薩摩藩学生高橋新吉・前田正穀共編。開成所の「英和対訳袖珍しゆうちん辞書」をもとに、見出し語に片仮名で発音を付す。
    大辞林 第三版
  4. 電子辞書

    電子回路を利用して辞書の内容を閲覧できるようにした携帯用機器。
    大辞林 第三版
  5. 薩摩辞書

    英和辞書。薩摩藩学生高橋新吉・前田正穀共編「改正増補和訳英辞書」の通称。明治2年(1869)刊。開成所の「英和対訳袖珍辞書」の改正増補版をもとに、見出し語に片仮名で発音を示したもの。上海で印刷。
    デジタル大辞泉
  6. ユーザー辞書

    かな漢字変換やスペル-チェッカーなどに利用される辞書のうち、それぞれのユーザーが項目を作成・登録する辞書。ユーザー定義辞書。
    大辞林 第三版
  7. 日本大辞書

    国語辞書。山田美妙著。1892(明治25)~93年刊。辞書に初めてアクセントの記述を施した点を特徴とする。
    大辞林 第三版
  8. 紙の辞書

    紙に印刷された書籍としての体裁をもつ辞書。電子辞書やオンライン辞書に対していう。
    デジタル大辞泉
  9. 日仏辞書

    和仏辞典。パジェス編。1868年パリ刊。「日葡辞書」をフランス語に訳して改編したもの。
    大辞林 第三版
  10. 日葡辞書

    キリシタン版の一。一冊。本編と補遺からなる。1603~04年長崎学林刊。耶蘇会宣教師数名(氏名未詳)の共編。当時の口語を中心に日本語三万余語を掲げポルトガル語で語釈を付し、古典や日常語の用例をあげる。ドミニコ会のスペイン語訳「日西辞書」(V ...
    大辞林 第三版
本文はここまでです このページの先頭へ