ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. ・古

    〘名〙 (「轍」は車の輪が通った跡、わだちの意)① 以前に通りすぎた車のわだち。古いわだち。〔梁簡文帝‐中書令臨汝霊侯墓銘〕② 前人の行なった通りの方法や様式。昔ながらのしかた。前例。※童子問(1707)上「慎勿レ踏二近世学者之故轍一」※読 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 跡・

    〘名〙① 車輪のあと。わだち。〔伊呂波字類抄(鎌倉)〕※羅山先生詩集(1662)九・武野晴月「輾二破青青一無二轍迹一、一輪千里草連レ天」 〔酒徳頌〕② 過ぎ去った事柄の跡。残された跡。※浮世草子・貧人太平記(1688)中「八荒を家とし、行に ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙① 車が通った輪の跡。わだち。※太平記(14C後)三七「今日は轍(テツ)に伏す涸魚(かくぎょ)の三升の水を求るに異ならず」 〔韓愈‐進学解〕② (比喩的に) 前人の行なったあと。先例。先例の通りのやり方。※閑耳目(1908)〈渋川玄耳 ...
    精選版 日本国語大辞典
  4. 〘名〙① 車が通り過ぎたあとに残る車輪の跡。車轍。※新撰六帖(1244頃)一「小車の道のをの松はやともせ輪だちも見えず日は暮れにけり〈藤原信実〉」② 車輪。※かた言(1650)二「車軸の雨とは、大粒に降侍るかたまりたる水の上に落て、車の軸の ...
    精選版 日本国語大辞典
  5. ⇒高島轍士(たかしま-てつし)
    デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  6. 〘名〙 車の輪の過ぎたあと。わだち。※明衡往来(11C中か)上本「若留二長者車轍一。恐有二衆口銷金之訕一。努力努力」※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「盛夏には車轍馬蹄の跡を留むることあり」 〔荘子‐人間世〕
    精選版 日本国語大辞典
  7. 〘名〙 (わだちの小さな水たまりの中で苦しみあえいでいる魚の意から) 危急の地にあるもの、困窮がさしせまっていることのたとえ。轍鮒(てっぷ)。※本朝麗藻(1010か)下・除名之後初復三品〈藤原有国〉「籠鶴放レ雲振二泥翅一、轍魚得レ水潤二枯鱗 ...
    精選版 日本国語大辞典
  8. 〘名〙 車の輪のあとを一つにすること。同一であること。同じ結果を得ること。〔文明本節用集(室町中)〕※箚録(1706)追録「漢の呂后、唐の則天が業と一轍の跡なるに」 〔盧諶‐贈劉琨詩〕
    精選版 日本国語大辞典
  9. 〘名〙① 車の車輪が通った跡。車の跡。わだち。また、車が通ったこと。〔伊呂波字類抄(鎌倉)〕〔水経注‐渭水〕② 前人の行為。前例。また、法則。のり。手本。※日本詩史(1771)三「其志尚相反、䡄轍異レ途耳」
    精選版 日本国語大辞典
  10. 〘名〙 (形動) (多くの車のわだちの間隔が同じの意)① =どうき(同軌)①〔梁粛・受命宝賦〕② =どうき(同軌)③※都繁昌記(1837)乞食「流乞(〈注〉たびこじき)の者、及び都下の窮民、産を失て初道路に乞ふ者、亦同轍に由ることを許さず」 ...
    精選版 日本国語大辞典
本文はここまでです このページの先頭へ