ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. [1] 〘名〙① 動物の頭上に生ずる固い突起物。つの。〔易経‐大壮〕② つのの形をしたものの名称。(イ) つので作った笛、またはその形をした笛。中国から伝わり、古く戦陣で用いた。和訓では大角を「はらのふえ」、小角を「くだのふえ」という。つの ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙 (現在「の」の甲類の万葉仮名とされている「怒・努・弩」などを「ぬ」と読んだところからできた語) =つの(角)
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙① 特に反芻類などの動物の頭上にある堅い角質または骨質の突出物。主に攻撃や防衛に用いる。雄性の性徴であることも多い。鬼・雷神などにも生えているという。※書紀(720)雄略即位前(前田本訓)「今近江の来(く)田綿(わた)蚊屋(かや)野に ...
    精選版 日本国語大辞典
  4. 世界大百科事典 第2版
  5. 一つの点を共通の端点とする二つの半直線でできる図形を角といい、この二つの半直線を角の辺、共通の端点を角の頂点という。一つの角によって平面は二つの部分に分けられるが、そのうち、とがっているほうを角の内部、その反対側を角の外部という。角の内部、 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  6. 動物の頭部にある突起で、動物の種類により形および質が違っている。哺乳(ほにゅう)類では有蹄(ゆうてい)類の多くのものにみられ、サイ(奇蹄目)以外は左右一対あるのが普通である。シカの類(偶蹄目)ではトナカイやカリブーを除いて雄にだけあり、枝分 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  7. 平面上に同一の端点をもつ二つの半直線が与えられたとき,平面はこれらの半直線によって二分されるが,これらの部分のおのおのを半直線上の点も含めて角という。端点を角の頂点,半直線を角の辺といい,角からその辺を除いた部分を角の内部,平面から角を除い ...
    世界大百科事典 第2版
  8. 有蹄類などの哺乳類の頭部に生ずる,角質または骨質の硬くて細長い突出物で,攻撃,防御などに用いられることが多いが,二次性徴と思われるものもある。中実角(ちゆうじつづの),洞角(ほらづの),枝角(えだづの)に大別できる。中実角はサイ類に見られる ...
    世界大百科事典 第2版
  9. 動物。ニシンの地方名
    動植物名よみかた辞典 普及版
  10. 〘形ク〙 ⇒かくい(角)
    精選版 日本国語大辞典
本文はここまでです このページの先頭へ