ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 規矩

    〘名〙① コンパスとさしがね。転じて、寸法や形。※清原国賢書写本荘子抄(1530)三「規矩は、円する者は分廻しするぞ。四方にするは金ぞ」② 動作などが規則正しく行なわれること。※本朝文粋(1060頃)三・弁耆儒〈大江挙周〉「博帯繞レ身。規矩 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 規矩

    規はコンパス,矩は直角定規の意味で,規矩は両者をもとにしてきちんと作図すること,さらには一般的に規則,手本をも意味した。建築では,指矩(さしがね)(曲尺(かねじやく)ともいう)を使い,屋根の小屋組や軒を構成する部材,あるいは部材と部材を接続 ...
    世界大百科事典 第2版
  3. 規矩

    〘名〙 物指、定規、コンパスなどを用いて、建築物の構成や構造部分の意匠を立体幾何学的に求め、実体の上に割り付け、作図する方法。和算の勾殳玄(こうこげん)を応用したもので、主として曲尺(かねじゃく)を用い、扇棰(おうぎだるき)の割り付け、軒反 ...
    精選版 日本国語大辞典
  4. 規矩

    規は円を描く「ぶんまわし」、矩は直角に曲がった物差し「差し金(がね)」「かね尺(曲尺)」のことであり、これらを用いる術を規矩術という。次の3通りの意味をもつ。(1)木造建築の部材の作図法 日本の木造建築は、いろいろな形の部材を組み合わせて建 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  5. 規矩準縄

    〘名〙 (「規」はぶんまわし。「矩」はさしがね。「準」はみずもり。「縄」はすみなわ) 物の標準となるもの。法則、てほん、のり、の意に用いる。※史記抄(1477)一二「職墨、墨は縄墨ぞ。規矩準縄を本にするぞ」※洒落本・淫女皮肉論(1778)深 ...
    精選版 日本国語大辞典
  6. 規矩準縄

    規はコンパス,矩は直角定規のことで,それぞれ円形と方形を作り出すための器具。準は水準器,縄は下げ振り縄のことで,それぞれ水平と垂直を作り出すための器具。とくに古代中国では,これらが世の中の物事を統制維持する標準の意味を象徴した。《孟子》をは ...
    世界大百科事典 第2版
  7. 規矩縄墨

    〘名〙 (「縄墨」は、すみなわの意) ぶんまわしとさしがねとすみなわ。転じて、物の標準、手本。※童子問(1707)下「苟孰読翫味二語孟二書一、以レ此為二規矩縄墨一」
    精選版 日本国語大辞典
  8. 徳永規矩

    1861-1903 明治時代の教育者。文久元年生まれ。肥後熊本藩士徳永昌竜の子。徳富蘇峰の従兄。元田永孚(もとだ-ながざね),竹崎茶堂(さどう)に師事。明治12年横浜の宣教師J.C.バラの塾で受洗。20年熊本市にキリスト教主義による熊本英語 ...
    デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  9. 規矩

    古くから日本に伝承された建築技術で,部材を加工処理するとき,その立体幾何学の図式解法を曲尺(かねじゃく)によって行う法。規はコンパス,矩は直角定規の意味。
    百科事典マイペディア
  10. 菅谷 規矩

    昭和期の詩人 生年昭和11(1936)年5月9日 没年平成1(1989)年12月30日 出生地東京都北区 学歴〔年〕東京教育大学文学部卒,東京大学大学院独語独文専攻〔昭和39年〕修士課程修了 経歴昭和36年「暴走」に参加し、39年「凶区」を ...
    20世紀日本人名事典
本文はここまでです このページの先頭へ