ここから本文です
  1. ① 人・獣・鳥・魚・貝以外の小動物。多く、昆虫をいう。 ② 美しい声で鳴く昆虫。マツムシ・スズムシなど。 [季] 秋。 《 行水の捨て所なき-のこゑ /鬼貫 》 ③ 人に害を与える小動物。人の体内にすむ寄生虫や、ノミ・シラミ・シミなど。 「 ...
    大辞林 第三版
  2. 〘名〙① 小さな動物。人・獣・鳥・魚・貝など以外の小動物の総称。主に昆虫類をさしていうことが多い。※書紀(720)仁徳二二年正月・歌謡「夏務始(ムシ)の蝱(ひむし)の衣二重着て隠み宿りは豈良くもあらず」② 特に、美しい声で鳴くもの。鳴き声を ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 1 人類・獣類・鳥類・魚貝類以外の小動物の総称。特に、昆虫をいう。2 美しい声で鳴く昆虫。スズムシ・マツムシなど。「虫の音(ね)」《季 秋》「鳴く―のただしく置ける間なりけり/万太郎」3 衣類や紙などを食い荒らす害虫。「セーターを虫に食われ ...
    デジタル大辞泉
  4. ・六四

    〘名〙 (「むしよせば(虫寄場)」の略「むしよ」の変化した語) 監獄のことをいう、盗人仲間の隠語。〔隠語輯覧(1915)〕※聖ヤクザ(1949)〈田中英光〉「そうよ、刑務所(ムショ)から出たばかりの家なしだ」[補注]「刑務所」の略と解される ...
    精選版 日本国語大辞典
  5. 〔蟲〕

    [音]チュウ(漢) [訓]むし[学習漢字]1年〈チュウ〉1 むし。「虫媒花/益虫・回虫・害虫・駆虫・甲虫・昆虫・成虫・精虫・防虫・幼虫・寄生虫」2 動物の総称。「羽虫(=鳥)・裸虫(=人間)」〈むし〉「虫歯/青虫・鈴虫・長虫・水虫・弱虫」[ ...
    デジタル大辞泉
  6. 丑・中・仲・厨・宙・忠・抽・昼・晝・柱・沖・注・疇・籌・・蟲・衷・註・誅・躊・鋳・鑄・駐

    【 丑▼ 】 ちう [音] チュウ 十二支の第二。うし。 「己丑きちゆう・辛丑しんちゆう」 【中】 [音] チュウ ① まんなか。中心部。 「中央・中核・中堅・中軸・中心・中枢・中天・正中」 ② うちがわ。内部。 「胸中・市中・車中・心中・ ...
    大辞林 第三版
本文はここまでです このページの先頭へ