ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 〘名〙① 舌(した)。※正法眼蔵(1231‐53)自証三昧「乃至眼耳鼻舌身意、根・識・塵等もかくのごとし」 〔詩経‐小雅・雨無正〕② 鐸(たく)の内部につるした小片。③ (「くぜつ(口舌)」の略) 男女間で言い争いをすること。また、口先でう ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙① 脊椎動物の口腔(こうこう)底に突き出ていて、食物を食道へ送りこむ肉質の器官。魚類では筋肉がなく運動性がなく、時に舌上に歯がある。両生類以上の動物では筋肉や腺があり、可動性に富む。人間では、味覚を感じる細胞が分布し、唾液腺が開口する ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 脊椎(せきつい)動物の口腔底(こうこうてい)から突出した肉質の器官で、触覚や味覚の感覚器官であるほか、食物の攪拌(かくはん)、嚥下(えんげ)、あるいは発声にも関係する。魚類の舌は筋肉を欠くため動かず、口腔底の半月状突起にすぎない。この部分は ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  4. 脊椎動物の口腔底にあり,食物摂取に役立つ器官。魚類の舌は両生類以上の舌の舌根にあたる部分のみからなり,内部に筋肉を欠きほとんど動かない。水中で摂取された餌は舌の助けがなくても容易に嚥下されるからである。陸生脊椎動物の舌には舌根のほかに筋肉, ...
    世界大百科事典 第2版
  5. 世界大百科事典 第2版
  6. (1) tongue 脊椎動物の口腔底にある筋性の器官で,食餌,触覚,味覚などに関係する。魚類では内部に筋肉がなく,運動性を欠き,なかには歯を有するものもある。両生類では魚類の舌に筋肉,腺をそなえ可動的な舌体という部分が付加されているが,ワ ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  7. 脊椎動物の口腔底にある味覚器官。魚類や水生両生類ではほとんど動かない。陸生脊椎動物では筋肉や腺がよく発達し,餌をとらえるのに役立つ。また触覚・発音器官としての働きももつ。ヒトの舌では,後方の口腔底につく部分は舌根,前方のよく動く部分は舌体と ...
    百科事典マイペディア
  8. 口腔底後部から出ている主に筋肉で構成されている突出物.食物を摂取したり,咀嚼したり,飲み込んだり,発音にかかわったり,味を感じたりする機能をもつ.
    栄養・生化学辞典
  9. 食物のえん(嚥)下,味覚の受容などの機能をもつ口内の器官.筋肉組織からなり粘膜に覆われている.
    栄養・生化学辞典
  10. (音楽)

    世界大百科事典 第2版
本文はここまでです このページの先頭へ