ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. [接頭]時間・場所を示す名詞に付いて、行き着くところ、到達点を表す。「自六月至九月」「自成田至ホノルル」⇔自(じ)。
    デジタル大辞泉
  2. [音]シ(呉)(漢) [訓]いたる[学習漢字]6年1 ぎりぎりのところまで行き着く。いたる。「乃至(ないし)・必至」2 この上ない。いたって。「至極(しごく)・至言・至上・至当・至難・至福・至便」3 太陽が回帰点に達した日。「夏至(げし)・ ...
    デジタル大辞泉
  3. [1] 〘名〙 (動詞「いたる(至)」の連用形の名詞化)① 心の働きなどが、物事に行きわたる度合。思慮、学問などの深さ。→至り深し・至り賢し。※源氏(1001‐14頃)明石「心のいたり少なからん絵師は、かき及ぶまじと見ゆ」② 物事の極点に達 ...
    精選版 日本国語大辞典
  4. ・到

    〘自ラ五(四)〙 (他動詞「いたす(致)」に対する自動詞形という)① 物事がある点から出発して、他の点まで達する。(イ) ある場所に行き着く。到着する。※古事記(712)中・歌謡「百(もも)伝ふ 角鹿(つぬが)の蟹(かに) 横去らふ 何処( ...
    精選版 日本国語大辞典
  5. 祉・視・仔・仕・伺・使・侈・刺・史・司・嗜・嗣・嘴・四・址・士・姉・始・姿・子・尸・屍・巳・市・師・幟・弑・弛・志・思・恣・指・摯・支・斯・施・旨・枝・梓・止・此・歯・死・氏・滓・熾・疵・矢・示・祀・祉・祠・私・糸・紙・紫・絲・翅・肆・肢・脂・・視・詞・試・詩・誌・諡・諮・資・賜・趾・雌・飼・齒

    【士】 [音] シ ① 立派な男子。 「隠士・義士・高士・居士こじ・紳士・壮士・名士」 ② 武士階級。さむらい。 「士族・士道・士分・騎士・武士・士農工商」 ③ 将校。 「士官・士卒・下士官」 ④ 戦場で活躍する人。 「戦士・兵士・勇士」 ...
    大辞林 第三版
本文はここまでです このページの先頭へ