ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 〘名〙 (「に」は「耳」の呉音) 耳(みみ)のこと。※正法眼蔵(1231‐53)自証三昧「乃至眼耳鼻舌身意、根、識、塵等もかくのごとし」※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)六「千二百の耳(ニ)(〈注〉ミミ)の功徳をえん」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙[一] 身体の器官の一つ。聴覚をつかさどる。また、その働き。① 感覚器の一つ。脊椎動物の頭部にある一対の音平衡受容器。外耳・中耳・内耳の三部より成る。また特に、外耳の耳介のみをさしていう場合も多い。外耳は外耳道と耳介、中耳は耳小骨・エ ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 脊椎動物の頭部にある有対の感覚器官で,平衡覚と聴覚をつかさどる。ふつう〈耳の形〉などというときには,哺乳類の頭の両側に突出した耳介を指すが,解剖学的にいえば耳には内耳,中耳,外耳の3部分が含まれる。内耳は刺激を受容する中心的部分で,最も奥深 ...
    世界大百科事典 第2版
  4. 普通は、脊椎(せきつい)動物の頭部にある聴覚器官と平衡覚器官との総称で、内耳(ないじ)、中耳(ちゅうじ)、外耳(がいじ)が含まれる。一方、音の受容器を一般的に耳とよぶことがあり、これには昆虫類の鼓膜(こまく)器官のようなものも含まれる。 脊 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  5. 脊椎動物の頭部にあり,聴覚と平衡感覚を司る器官。脊椎動物の耳は,動物の体の形や習慣の多様性からみると,驚くほど共通点がある。どの脊椎動物にもみられるのが内耳で,耳の中で進化的に最も古い部分である。魚類の無顎類から両生類,爬虫類,鳥類や哺乳類 ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  6. 頭部にある平衡聴覚器。外耳,中耳,内耳の3部からなるが,内耳が主要部で他は補助的。頭部外側面に隆起する耳介と内方に続く外耳道を合わせて外耳という。外耳道の奥にある鼓膜より内方で側頭骨に囲まれる部分を中耳といい,鼓室が主体で耳管によって咽頭( ...
    百科事典マイペディア
  7. 鳥取県倉吉市

    鳥取県倉吉市にある地名。
    日本の地名がわかる事典
  8. 而已・

    〘連語〙 (接尾語の「らく」に副助詞「のみ」の付いたもの。主に漢文訓読で文末に用いられる) 「…のだ」「…ばかりだ」のように、強く断定する意を表わす。漢文の「而已」「耳」などの訓として行なわれた。※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃 ...
    精選版 日本国語大辞典
  9. ・而已

    〘連語〙 (助動詞「む」のク語法「まく」に助詞「のみ」の付いたもの) 文末で、…しようと思うのだ、…と思うばかりだ、のように強く断定する意を表わす。漢文で「耳」などの訓に固定し、中世には、「…せむ、まくのみ」のように機械的に文末に添えて訓読 ...
    精選版 日本国語大辞典
  10. 耳の一部で外耳道と内耳の間にある鼓室を主体とする。鼓室は外耳道と鼓膜で境され,内部に3個の耳小骨を含み,鼓膜の振動を内耳に伝える。後方は乳様突起内の乳突蜂巣(ほうそう)に通じ,下方は耳管となって咽頭に通じる。→関連項目耳鳴り
    百科事典マイペディア
本文はここまでです このページの先頭へ