ここから本文です
  1. 偶蹄目ウシ科の哺乳類。ヤギに似るが、角は渦巻形。角のないものもある。細く柔らかいちぢれた毛が全身に密生する。性質は温和で、常に群れをつくる。草食性。毛(羊毛)・毛皮・肉・乳を利用するため、古くから世界各地で飼われる。メリノ・コリデール・カラ ...
    大辞林 第三版
  2. [1] 〘名〙① ウシ科の哺乳類。ヤギに近縁で、多くはうず巻き状の角をもつ。体には柔らかくて長い巻き毛が密生。約一万年前に中近東で、野生種ムフロンを原種として家畜化されたとされる。毛は羊毛と呼ばれ毛織物の原料になるほか、肉・乳・皮も利用され ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 偶蹄(ぐうてい)目ウシ科ヒツジ属などの哺乳類の総称。中形で、毛は柔らかく、角は大きくて渦巻き状。主に地上の草をかみ切って食べ、群れで暮らす。地中海沿岸から中央アジア、北アメリカ西部の山岳地帯に分布し、ムフロン・アルガリ・ビッグホーンなどが含 ...
    デジタル大辞泉
  4. [音]ヨウ(ヤウ)(呉)(漢) [訓]ひつじ[学習漢字]3年〈ヨウ〉動物の名。ヒツジ。「羊腸・羊皮・羊毛・羊頭狗肉(ようとうくにく)/餼羊(きよう)・亡羊・牧羊・綿羊・羚羊(れいよう)」〈ひつじ〉「小羊・牡羊座」[難読]羚羊(かもしか)・羊 ...
    デジタル大辞泉
  5. 傭・夭・妖・容・幼・庸・拗・揚・揺・搖・擁・曜・楊・様・樣・洋・涌・溶・熔・用・痒・瘍・窯・・耀・腰・膺・葉・蛹・要・謠・謡・踊・遥・邀・鎔・陽・養・鷹

    【 夭▼ 】 えう [音] ヨウ ① 若くおさない。「幼」に同じ。 「夭夭・桃夭」 ② 若死にする。 「夭死・夭逝・夭折・寿夭」 【幼】 えう [音] ヨウ おさない。 「幼魚・幼児・幼時・幼少・幼稚・幼虫・幼童・幼年・幼名・長幼・老幼」 ...
    大辞林 第三版
本文はここまでです このページの先頭へ