ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. ヒューバート・アレクサンダー イングラハム

    国籍バハマ 専門政治家 肩書バハマ首相・財務相 資格弁護士 生年月日194784 出生地パインリッジ 経歴弁護士。バハマ進歩自由党(PLP)に入り、1976年議長。’77年以来下院議員。’82〜84年PLP内閣の住宅保健担当相。’86年PL ...
    現代外国人名録2012
  2. スウェーデン総選挙

    議会は一院制で、定数349を比例代表制で争う。任期4年。国民の関心は高く、投票率は80%を超える。2006年の総選挙で12年ぶりに政権交代し、10年も穏健党を中心とする連立政権の続投となった。06年までは社会民主労働党が政権を担った期間が長 ...
    朝日新聞掲載「キーワード」
  3. 問責決議案

    閣僚としての対応や資質に問題があるとして、参院に提出される。法的拘束力はないが、与党が参院で少数となる「ねじれ国会」で野党が政権を政治的に追い込む際に使われてきた。1998年の額賀福志郎防衛庁長官を皮切りに、可決は今回で9人目。民主党政権は ...
    朝日新聞掲載「キーワード」
  4. プレム・ティンスラノン

    国籍タイ 専門政治家;軍人 肩書タイ枢密院議長 タイ首相・国防相 生年月日1920826 学歴タイ陸軍士官学校〔1941年〕卒 経歴米国に留学。1974年第2軍管区司令官となり戦略村軍戦による共産党対策で実績をあげた。’77年陸軍副司令官兼 ...
    現代外国人名録2012
  5. フィジアン党

    1987年の軍事クーデター後に成立したフィジーの政党。 91年なかば族長大評議会の主導で設立されたが,支持基盤はフィジー系住民に限定されている。 91年 10月に行われた党会議でシティベニ・ランブカ副首相を党首に選出。 92年5月の総選挙で ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  6. 自由国民運動[バハマ]

    バハマの政党連合。 1972年統一バハマ党と進歩自由党反独立派が結成した連合体を母体に,79年にはバハマ自由党が加わり自由国民民主運動と改編。 92年の選挙前には社会民主党の現職議員も加わり,現名称に改称した。同年8月の総選挙ではピンドリン ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  7. キリスト教社会党[ベルギー]

    ベルギーの主力政党。 1830年の独立以来,政界で重きをなしてきたカトリック党を前身に 1954年に設立。伝統的にカトリック教徒の多いベルギーの労働者階級,商工業エリート層に幅広い支持基盤をもつ。 50年以降各連立内閣の中心政党となっていた ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  8. トゥイラエパ・サイレレ・マリエレガオイ

    国籍サモア 専門政治家 肩書サモア首相・外相 生年月日1945414 学歴オークランド大学(ニュージーランド)大学院商学修士課程修了 経歴青年時代はラグビー選手。1970年サモア財務省調査官、’71〜73年同省経済局課長補佐、’73〜78年 ...
    現代外国人名録2012
  9. モルドバ農業民主党

    モルドバの政党。 1991年旧モルドバ人民戦線と共産党穏健派が合併して結成。 92年7月に発足したアンドレイ・サンゲリ政権の支持基盤となった。当初の基本路線は,モルドバの政治的・軍事的独立を掲げつつも独立国家共同体 CISとの経済的関係を強 ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  10. 国民抵抗運動[ウガンダ]

    ウガンダの政党。略称 NRM。イディ・アミン大統領失脚後の 1980年12月に行なわれた選挙の際に,アミン独裁体制に対抗するゲリラ組織である国民抵抗軍を統轄していたヨウェリ・ムセベニを中心に設立。1980年の選挙ではウガンダ人民会議が勝利し ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
本文はここまでです このページの先頭へ