ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. [音]キュウ(キウ)(漢) ク(呉) [訓]きわめる[学習漢字]3年1 真理や本質をつかむため、これ以上行けないところまで推し進める。「究明・究理/学究・研究・攻究・考究・探究・追究・討究・論究」2 これ以上行けないところ。「究極・究竟(き ...
    デジタル大辞泉
  2. 九/久/丘//宮

    〈九〉⇒きゅう〈久〉⇒きゅう〈丘〉⇒きゅう〈究〉⇒きゅう〈宮〉⇒きゅう
    デジタル大辞泉
  3. 極・窮・

    [1] 〘他マ下一〙 きは・む 〘他マ下二〙① 極限にまで達せさせる。物事を果てまで押し詰める。この上なしの所まで至らせる。※源氏(1001‐14頃)明石「我がかく悲しびをきはめ、命尽きなんとしつるを」※徒然草(1331頃)三八「高き位に登 ...
    精選版 日本国語大辞典
  4. 丘・久・九・仇・休・厩・及・吸・嗅・宮・弓・急・救・旧・朽・柩・毬・求・汲・泣・灸・球・・穹・窮・笈・糺・糾・級・給・臼・舊・躬・鳩

    【九】 きう [音] キュウ ・ク ① ここのつ。 「《キュウ》九星・九天・九拝」 「《ク》九界・九九・九輪」 ② 数や程度の多いこと。 「九死・九仞きゆうじん・九折」 ③ ここのつめ。 「九月」 【久】 きう [音] キュウ ・ク ある状 ...
    大辞林 第三版
本文はここまでです このページの先頭へ