ここから本文です
  1. 目的

    ① 実現しよう、到達しようとして目指す事柄。めあて。 「 -を達成する」 「 -をとげる」 「本来の-にかなっていない」 ② 〘哲〙 行為において目指すもの。それのために、またそれに向けて行為が行われ、実現が求められるもの。 ⇔ 手段 → ...
    大辞林 第三版
  2. 目的

    〘名〙① 実現しようとしてめざす事柄。めざす所。めあて。※渡海新法(1802)「地乗といふは地山を目的として渡海し」※一年有半(1901)〈中江兆民〉一「民間政治家一たび利を目的とし、権勢を目的とし」② (end の訳語) 哲学で、実践的な ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 目的

    1 実現しようとしてめざす事柄。行動のねらい。めあて。「当初の目的を達成する」「目的にかなう」「旅行の目的」2 倫理学で、理性ないし意志が、行為に先だって行為を規定し、方向づけるもの。[用法]目的・目標――「目的(目標)に向かって着実に進む ...
    デジタル大辞泉
  4. 目的

    〘哲〙 アリストテレスの説く、事物が生成するための四原因の一。例えば、家に対しては、家としての役割・働きがこれにあたる。 → 原因②
    大辞林 第三版
  5. 目的

    英文法などで、主格・所有格と並ぶ格の一。名詞または名詞句が動詞の目的語になっている関係をいう。賓格。
    大辞林 第三版
  6. 目的

    文の成分のうち、述語動詞の表す動作・作用が及ぶ対象物や相手を表す語。「卵を割る」「湯をわかす」「辞書をひく」の「卵を」「湯を」「辞書を」などのように、現代語では、多くの場合、格助詞「を」を伴う。もっとも、国文法では、一般に連用修飾語に含めて ...
    大辞林 第三版
  7. 目的

    特定事業の財源にあてるために課せられる税。地方道路税・都市計画税など。 → 普通税
    大辞林 第三版
  8. 目的

    到達しようとしてそこへ向かって進んでいく土地。 「 -に到着する」
    大辞林 第三版
  9. 目的

    ( 形動 ) 〘哲〙 自然の因果法則にではなく、道徳的な目的にしたがっているさま。 ⇔ 機械的 「合-」
    大辞林 第三版
  10. 目的

    犯罪成立の要件として、故意のほかに「統治の基本秩序を壊乱する目的」「行使の目的」など一定の目的の存在を必要とする犯罪。内乱罪・偽造罪など。
    大辞林 第三版
本文はここまでです このページの先頭へ