ここから本文です
  1. 異口同音

    ⇒ いくどうおん(異口同音)
    大辞林 第三版
  2. 異口同音

    多くの人が口をそろえて同じことを言うこと。多くの人の意見が一致すること。「異口同音に賛成する」
    デジタル大辞泉
  3. 異口同音

    みんなが口をそろえて同じように言うこと。多くの人の意見が一致すること。 「 -に答える」
    大辞林 第三版
  4. 口を揃える

    各人が同じことを言う。異口同音に言う。「―・えて反対する」
    デジタル大辞泉
  5. 一口に出ずるが如し

    《「韓非子」内儲説から》大勢の人の言うことが一人の口から出たように同じであること。異口同音。
    デジタル大辞泉
  6. 叫く

    [動カ四]《「あ」は擬声語、「めく」は接尾語》大声を出す。さけぶ。わめく。「そこら集まりたる大衆、異口同音に―・きて」〈宇治拾遺・五〉
    デジタル大辞泉
  7. 一同に

    ( 副 ) 口をそろえて。異口同音に。 「おのおの-申されければ/平家 10」
    大辞林 第三版
  8. 一口に出ずるが如し

    〔戦国策 楚策〕 多くの人の言うことが一致していて、まるで一人の口から出てきたかのようである。異口同音。
    大辞林 第三版
  9. 一口同音

    1 多くの人が声をそろえて、章句を唱えること。2 多くの人がそろって同じことを言うこと。異口同音(いくどうおん)。「祈りをせよやとて、船中の上下、―に観音の名号をとなへけるに」〈幸若・新曲〉
    デジタル大辞泉
  10. 叫く

    ( 動カ四 ) わめく。叫ぶ。 「そこら集りたる大衆、異口同音に-・きて/宇治拾遺 5」
    大辞林 第三版
本文はここまでです このページの先頭へ