ここから本文です
  1. 生け花・活花・挿花

    ① 草木の枝・茎・花・葉などを素材に花器と組み合わせ、形をととのえて鑑賞用の作品を作る日本固有の伝統芸術。立花たてはな・立華りつか・生花・抛入花なげいればな・盛花・投入・自由花などの形式がある。 ② 室町時代、手桶などに生かしていた花材を室 ...
    大辞林 第三版
  2. 生花・活花

    〘名〙 (「いけ」は、生かしておく意の「いける」の連用形から) 木の枝や草花などを切りとり、枝葉の形をととのえて、花器にさすこと。また、さしたものや、その技術、方式。華道(かどう)。※仙伝抄(1445)「つりくゎびんのこと〈略〉時のちゃはん ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 生(け)花/活け花

    草木の枝・葉・花を切り取り、花器に挿し、形を整えて鑑賞に供すること。また、挿したもの。立花(りっか)・生花(せいか)・自由花など、種々な様式がある。華道。挿花(そうか)。
    デジタル大辞泉
本文はここまでです このページの先頭へ