ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. ① 黒い色。黒。 ② 天。 「黄に満ち-に満てり/三教指帰」 ③ 老荘思想の根本概念。万物の根源としての道。 ④ 奥深くて微妙なこと。深遠な道理。 「 -を談じ理を折ひらく/太平記 1」 ⑤ 陰暦九月の異名。 ⑥ 〔多く、名に「玄」のつくこ ...
    大辞林 第三版
  2. 〘名〙① くろ。くろい色。赤みがかった黒色。〔詩経‐小雅・何草不黄〕② 天。天の色。※三教指帰(797頃)下「鐘振。花飄聯聯。燐燐爛爛。震震填填。溢目溢耳。満黄満玄」 〔易経‐文言伝〕③ (形動) 奥深く、深遠であるさま。また、そのような道 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 1 赤または黄を含む黒色。2 老荘思想で説く哲理。空間・時間を超越し、天地万象の根源となるもの。3 微妙で奥深いこと。深遠なおもむき。「―を談じ理を折(ひら)く」〈太平記・一〉4 《玄のつく名が多いところから》江戸時代の遊里で、医者のこと。 ...
    デジタル大辞泉
  4. [常用漢字] [音]ゲン(呉) [訓]くろ くろい1 赤または黄を帯びた黒色。「玄黄・玄米」2 奥深くて暗い。「玄関・玄室・玄妙/幽玄」3 奥深い道理。「玄学」4 はるかに遠い。「玄孫」[名のり]しず・しずか・つね・とお・とら・のり・はじめ ...
    デジタル大辞泉
  5. 儼・元・原・厳・嚴・幻・弦・減・源・・現・眩・眼・絃・舷・衒・言・諺・限・験

    【元】 [音] ゲン ・ガン ① 人の頭部。こうべ。 「元服」 ② もと。根本。 「元気・元素・元金がんきん・元本がんぽん・根元・次元・多元」 ③ はじめ。第一。 「紀元きげん」 「《ガン》元日・元祖・元旦・元年・元来」 ④ 第一の人。首長 ...
    大辞林 第三版
本文はここまでです このページの先頭へ