ここから本文です
  1. 漫画

    ① 大胆に省略・誇張して描き、笑いを誘いながら風刺や批評をこめた絵。戯画。 → カリカチュア ② 絵または絵と台詞せりふによって表現される物語。 「四コマ-」 「少女-」 ③ 気の向くままに描いた絵。 「運慶の仁王も、北斎の-も全く此動の一 ...
    大辞林 第三版
  2. 漫画

    〘名〙① (━する) 自由奔放な筆致で絵を描くこと。また、その絵。風俗画、戯画、滑稽画などの類。そぞろがき。※四時交加(1799)序「偶漫下画(マングハし)夫貴賤士女老少等所上レ交二加于大路一」※草枕(1906)〈夏目漱石〉三「北斎の漫画も ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 漫画

    1 単純・軽妙な筆致で描かれた、こっけい・誇張・風刺・ナンセンスなどを主とする絵。2 絵を連続させ、多くは台詞(せりふ)を伴って物語風にしたもの。「少女漫画」
    デジタル大辞泉
  4. 漫画

    漫画をかくことを職業とする人。
    大辞林 第三版
  5. 漫画

    〘名〙 漫画を描くことを業とする人。※自画像(1920)〈寺田寅彦〉「漫画家の描いた鳥羽絵が」
    精選版 日本国語大辞典
  6. 漫画

    〘名〙 漫画のふき出しに手書きで書くような、丸っこい字。昭和五〇年代(一九七五‐八四)に入って十代の女性に流行。丸字。丸文字。
    精選版 日本国語大辞典
  7. 漫画チック

    ( 形動 ) 〔俗語。チックは英語の形容詞の語尾を付けたもの〕 漫画のように、滑稽だったり馬鹿げたりしているさまをあらわす語。漫画的。 「 -な展開」
    大辞林 第三版
  8. 漫画

    漫画を描くことを職業とする人。
    デジタル大辞泉
  9. 漫画と人生

    荒俣宏の著作。平成6年(1994)刊行。漫画・アニメにまつわるエッセー。著者自身の漫画作品も収録。
    デジタル大辞泉
  10. 漫画アプリ

    電子コミックをスマートホンやタブレット型端末などで閲覧するためのアプリ。電子コミックのコンテンツ配信サービスを兼ねており、作品の一部を無料で閲覧できるサービスなどもある。コミックアプリ。
    デジタル大辞泉
本文はここまでです このページの先頭へ