ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 気取屋

    〘名〙 体裁ぶる人。きどる人。※湯女(1898)〈内田魯庵〉「議会第一の気取屋(キドリヤ)って評は衆論の帰する所で我輩一箇の私見でないのだ」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 丹後殿前

    (堀丹後守の邸の前の意) 現在の東京都千代田区神田司町二丁目付近に当たる。江戸初期ここに風呂屋(丹前風呂)があり、湯女(ゆな)をおいた。丹前。
    精選版 日本国語大辞典
  3. 洒落女/白女

    1 おしゃれに凝る女性。しゃれた身なりをする女性。2 江戸時代、風呂屋などにいて、客を取った私娼。湯女(ゆな)の類。「柴屋町より―呼び寄せ」〈浮・永代蔵・二〉
    デジタル大辞泉
  4. 垢掻き・垢搔き

    江戸時代、湯屋で客の垢を落とすのを業とした女。多く遊女を兼ねた。湯女ゆな。
    大辞林 第三版
  5. 丹前節

    江戸時代の小唄の一。寛文年間(1661~1673)に流行。丹前風呂の湯女ゆな吉野が、唄い始めたものという。
    大辞林 第三版
  6. コバルト色

    〘名〙 コバルト②の色。空色。※湯女(1898)〈内田魯庵〉「取別け雨上りの時は水蒸気が一面に立罩(こ)めて光線の具合でアンチモニイがかったコベルト色に見えるのが」
    精選版 日本国語大辞典
  7. 呂州

    〘名〙 (「呂」は風呂屋の意) 風呂屋に抱えられて売春をした女。湯女(ゆな)。※浮世草子・風流曲三味線(1706)四「山州も可笑からずと、泊人・呂州を呼出し」
    精選版 日本国語大辞典
  8. 山葵餠

    〘名〙 すりおろした山葵をつき込んだ餠を皮にして、小豆餡を包んだ餠菓子。※湯女(1898)〈内田魯庵〉「お嫌ひ、山葵餠(ワサビモチ)は。お忌ならお帰り遊ばせ」
    精選版 日本国語大辞典
  9. 丹前風呂

    江戸初期、江戸の神田佐柄木(さえぎ)町、堀丹後守の邸の前にあった町風呂。容色のすぐれた湯女(ゆな)を置いて、遊客を誘い、繁盛したという。明暦3年(1657)禁止。
    デジタル大辞泉
  10. 洒落女・白女

    〔粋な女の意から〕 江戸時代、私娼や湯女ゆななどの遊女。 「柴屋町より-よび寄せ/浮世草子・永代蔵 2」
    大辞林 第三版
本文はここまでです このページの先頭へ