ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 呂州/呂衆

    《「呂」は風呂屋の意》「湯女(ゆな)」に同じ。「傾城、白人、茶屋、―」〈浮・禁短気・一〉
    デジタル大辞泉
  2. 丹前節

    〘名〙 江戸時代、寛文(一六六一‐七三)の頃、江戸で流行した小唄節の一つ。丹前風呂の湯女(ゆな)吉野が、芝がき節の唱歌に湯女勝山のことを作り入れ、唄い始めたものという。丹前。※仮名草子・東海道名所記(1659‐61頃)三「此頃はたんぜんぶし ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 西洋手拭

    〘名〙 タオルの旧称。※湯女(1898)〈内田魯庵〉「西洋手拭(セイヤウテヌグヒ)の浴衣(ゆかた)に大巾縮緬を纏付け」
    精選版 日本国語大辞典
  4. 丹前姿

    江戸初期に流行した旗本奴・町奴などの風俗。丹前風呂の湯女(ゆな)の勝山(かつやま)の姿に起こったものという。丹前風。勝山風。
    デジタル大辞泉
  5. 丹前節

    江戸前期、承応~寛文(1652~1673)のころ、江戸の遊里で流行した歌謡。丹前風呂の湯女(ゆな)吉野が始めたものという。
    デジタル大辞泉
  6. 垢掻き

    江戸時代、風呂屋で客の垢を落とすことを業とした女。多くは私娼(ししょう)を兼ねていた。垢掻き女。湯女(ゆな)。
    デジタル大辞泉
  7. 丹前風呂

    〘名〙 (丹後殿の前の風呂の意) 江戸初期、江戸神田堀丹後守の邸前にあった湯女(ゆな)風呂。容色のすぐれた湯女を抱えおき、浴客の垢を掻(か)き、髪を洗い、席に侍るなど遊里と変わらず、寛永(一六二四‐四四)の頃から大いに繁盛した。また、この風 ...
    精選版 日本国語大辞典
  8. 洒落女/白女

    1 おしゃれに凝る女性。しゃれた身なりをする女性。2 江戸時代、風呂屋などにいて、客を取った私娼。湯女(ゆな)の類。「柴屋町より―呼び寄せ」〈浮・永代蔵・二〉
    デジタル大辞泉
  9. 有馬節

    〘名〙 神戸市にある有馬温泉付近の民謡。近世に流行した。※長唄・鼓が滝(1912)「湯女は興を添へんとて、諷ひつれたる有馬節(アリマブシ)」
    精選版 日本国語大辞典
  10. 気取屋

    〘名〙 体裁ぶる人。きどる人。※湯女(1898)〈内田魯庵〉「議会第一の気取屋(キドリヤ)って評は衆論の帰する所で我輩一箇の私見でないのだ」
    精選版 日本国語大辞典
本文はここまでです このページの先頭へ