ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 湯女

    風呂屋に雇われた一種の娼婦。室町時代の京都に始り,江戸時代前期の江戸,京都,大坂,地方の温泉場などで一世を風靡した。湯女は客の体を洗い酒間を取持ち,夜とぎもした。湯女のうち大湯女は主として客席を受持ち,小湯女は風呂場で客の体を洗う役を受持っ ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  2. 湯女

    入浴を世話し,浴後の接待をする接客婦。有馬温泉の湯女は鎌倉時代に始まったというが,湯女の起源は温泉地にあり,それが室町時代の町湯に移入されたという。入浴のときに着衣の整理や茶菓を供するための女性が,やがて私娼(ししよう)化していったのである ...
    世界大百科事典 第2版
  3. 湯女

    温泉場や風呂(ふろ)屋にいて浴客の世話をした女性のこと。一部は私娼(ししょう)化して売春した。風呂屋者、垢(あか)かき女などの異称がある。有馬(兵庫県)など温泉地では鎌倉時代からこの種の接待女がいたと伝えられる。室町時代には市街地に風呂屋が ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  4. 湯女

    入浴の世話をする接客婦で,鎌倉時代に有馬温泉におかれたのが最初とされ,温泉宿から都市に移入されたとみられ,またしだいに私娼化した。江戸初期には江戸市中の風呂屋に置かれ,垢(あか)かき,髪洗いをするほか,夜になると盛装して三味線をひき小歌など ...
    百科事典マイペディア
  5. 湯女風呂

    世界大百科事典 第2版
  6. 有馬[温泉]

    神戸市の北区,六甲山北麓の標高363mの地にある。草津,道後と並ぶ古来の名湯で京阪神最大の行楽温泉。近年,豊臣秀吉の時代の遺構が発見されている。強食塩泉。98〜100℃。神戸電鉄有馬温泉駅,六甲有馬ロープウェー有馬駅があり,芦屋市,宝塚市か ...
    百科事典マイペディア
  7. 銭湯

    銭湯風呂は中世からあったが,普及したのは近世からで,《慶長見聞集》(1614年)によれば,1591年伊勢与市なるものが江戸銭瓶橋に銭湯を作り料金は永楽1銭だったとある。近世の銭湯の特色として,流し場と湯船の間に石榴(ざくろ)口という板戸の仕 ...
    百科事典マイペディア
  8. 鉄砲獅子

    石川県の民謡。山中温泉の御座敷唄。「獅子」は湯治客の相手をする湯女(ゆな)を指す。
    デジタル大辞泉プラス
  9. 散茶

    ひいて粉にした茶。転じて吉原遊女の一階級 (太夫,格子の下位) をさす呼称となった。寛文8 (1668) 年,江戸府内の湯女 500人余が吉原へ移されたが,この女たちは元来が湯女であったため,もとからの吉原遊女に比べて意地に乏しく客を振るこ ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  10. おきん女人形

    熊本県の郷土玩具。こけしに似た木製の人形で、おきん女という名の薄命の湯女を偲んで作られるようになったとの伝承がある。「弁太人形」ともいう。
    デジタル大辞泉プラス
本文はここまでです このページの先頭へ