ここから本文です
  1. 涅槃

    〔梵 nirvāa 吹き消すこと、あるいは吹き消された状態の意〕 〘仏〙 ① あらゆる煩悩ぼんのうが消滅し、苦しみを離れた安らぎの境地。究極の理想の境地。悟りの世界。泥洹ないおん。ニルバーナ。寂滅。 ② 死ぬこと。また、死。入寂にゆうじやく ...
    大辞林 第三版
  2. 涅槃

    (nirvāṇa の音訳。「泥洹(ないおん)」「泥曰(ないおつ)」とも音訳し、「滅度」「寂滅」などと訳する) 仏語。[1] 〘名〙① (━する) すべての煩悩の火がふきけされて、悟りの智慧を完成した境地。迷いや悩みを離れた安らぎの境地。また ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 涅槃

    《〈梵〉nirvāṇaの音写。吹き消すことの意》仏語。1 煩悩(ぼんのう)の火を消して、智慧(ちえ)の完成した悟りの境地。一切の悩みや束縛から脱した、円満・安楽の境地。仏教で理想とする、仏の悟りを得た境地。2 釈迦(しゃか)の死。3 「涅槃 ...
    デジタル大辞泉
  4. 涅槃

    釈迦入滅の日とされる陰暦2月15日に、釈迦の徳をたたえて行う法会。涅槃図をかかげ、遺教経ゆいきようぎようを読誦する。現在は3月15日に行われる。更衣きさらぎの別れ。常楽会。涅槃講。仏忌。 [季] 春。
    大辞林 第三版
  5. 涅槃

    ⇒ 涅槃図ねはんず
    大辞林 第三版
  6. 涅槃

    「大般涅槃経だいはつねはんぎよう」の略。
    大辞林 第三版
  7. 涅槃

    ⇒ 涅槃会ねはんえ
    大辞林 第三版
  8. 涅槃

    中国十三宗の一。「大般涅槃経」を講究した学派。隋代の天台宗の勃興以後衰えた。
    大辞林 第三版
  9. 涅槃

    釈迦入滅の光景を描いた絵画で、涅槃会でかかげられる。釈迦は頭を北に向け、右脇を下にして横たわり、周囲に諸菩薩から畜類に至るもろもろの衆生しゆじようや、母の摩耶夫人まやぶにんが描かれる。涅槃絵。 [季] 春。 《 山寺や-かけて僧一人 /星野 ...
    大辞林 第三版
  10. 涅槃

    釈迦入滅の姿を描いた涅槃図などの絵画や彫刻。寝釈迦。ねぼとけ。 [季] 春。
    大辞林 第三版
本文はここまでです このページの先頭へ