ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. ① 海・湖などが陸地に入りこんだところ。入り江。湾。 ② 海。大河。 「 -の神河の神有りて/今昔 3」
    大辞林 第三版
  2. ① 大きな川。 ② 長江の別名。 ③ 琵琶湖の古名。 「 -をわたりて坂本にまゐりしかば/正統記 後醍醐」
    大辞林 第三版
  3. 〘名〙 (「え」は元来ヤ行のエ) 元来、川、海、湖、堀などの一般的な呼び名だが、特に陸に入り込んでいる部分をさすことが多い。※古事記(712)下・歌謡「日下(くさか)延(エ)の 入江の蓮(はちす) 花蓮(はなばちす) 身の盛り人 ともしきろ ...
    精選版 日本国語大辞典
  4. 〘名〙① 大きい川。特に長江をさしていう。※凌雲集(814)留別故人〈賀陽豊年〉「交レ臂分二張切一、渉レ江悲二望遙一」※御伽草子・二十四孝(室町末)「忽ちに江の如くして、水湧き出で」 〔詩経‐周南・漢広〕② 琵琶湖をさしていう。※神皇正統記 ...
    精選版 日本国語大辞典
  5. 海や湖沼の陸地に入り込んでいる所。入り江。古くは、広く海・川・堀などをいった。「奈呉の―に妻呼びかはし鶴(たづ)さはに鳴く」〈万・四〇一八〉
    デジタル大辞泉
  6. 1 大きい河。特に、中国の揚子江。2 琵琶湖。「十四日に―を渡りて坂本に参りしかば」〈神皇正統記・後醍醐〉
    デジタル大辞泉
  7. [常用漢字] [音]コウ(カウ)(漢) ゴウ(ガウ)(慣) [訓]え かわ〈コウ〉1 かわ。「江湖・江山/大江」2 揚子江。「江河・江南」3 近江(おうみ)国。「江州(ごうしゅう)」4 江戸の漢語風の呼び名。「江都・武江」〈え〉「入江(いり ...
    デジタル大辞泉
  8. ⇒崇源院(すうげんいん)
    デジタル大辞泉
  9. 黃・亢・交・仰・侯・倖・候・光・公・功・劫・効・勾・厚・口・叩・后・向・咬・哄・哮・喉・坑・垢・好・孔・孝・宏・寇・工・巧・巷・幸・広・庚・康・廣・弘・後・恆・恍・恒・恰・慌・抗・拘・控・攻・效・昂・曠・更・校・格・梗・構・・洪・浩・淆・港・溝・狡・甲・皇・皎・皓・睾・硬・稿・紅・絞・綱・考・耕・耗・肓・肛・肯・肴・腔・膏・膠・興・航・荒・薨・虹・行・衡・講・貢・購・逅・郊・酵・鉱・鋼・鑛・閘・降・項・香・高・鴻・黄

    【口】 [音] コウ ・ク ① くち。 「口蓋こうがい・口腔こうこう(こうくう)・口腹・口吻こうふん・経口・鶏口・虎口・糊口ここう」 ② いう。 「《コウ》口演・口外・口角・口舌・口頭・口約・悪口・箝口かんこう・藉口しやこう・衆口・閉口・箝 ...
    大辞林 第三版
本文はここまでです このページの先頭へ