ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 〘名〙 (khan) =かん(汗)
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙 モンゴル、トルコ諸族の統治者の称号。ハン。可汗。※新論(1825)守禦「鄂羅汗伯得勒者」 〔新唐書‐太宗本紀〕
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙① 動物の皮膚上にある汗腺(かんせん)からの分泌物。主成分は塩分、尿(にょう)酸、尿素、アンモニアなど。体温調節および精神的緊張などで出る。《季・夏》※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)九「年少くして白き髪生ひ、汗(アセ)多 ...
    精選版 日本国語大辞典
  4. 汗腺(かんせん)からの分泌物をいう。99%以上が水で、残りの大部分は食塩、ほかに尿素や乳酸などが含まれる。つまり汗は希薄な食塩水ともいえる。また諸分泌液中でもっとも希薄な液体である。食塩濃度は0.3~0.9%で発汗の程度によって著しく異なり ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  5. 汗は古くは皮膚にある無数の小孔から体液がしみ出すものと考えられてきたが,1833年にJ.E.プルキンエらによって特殊な分泌腺(汗腺)が皮膚に存在することが明らかとされて以来,科学的研究の対象となったが,その後の研究の進歩は遅々たるものであっ ...
    世界大百科事典 第2版
  6. 世界大百科事典 第2版
  7. ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  8. 1930年公開の日本映画。監督:内田吐夢、原作:小林正、撮影:松沢又男。出演:島耕二、吉井康、滝花久子ほか。
    デジタル大辞泉プラス
  9. 汗腺からの分泌物。汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があるが,人間の汗はエクリン腺からの分泌液で,99.5%が水分。そのほか食塩,乳酸,尿素などを含み,体温調節および排泄機能に関与する。アポクリン腺は中性脂肪,脂肪酸,コレステロール, ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  10. 〘自サ変〙 あせ・す 〘自サ変〙 汗を出す。たいへんな労力をはらうとき、心が緊張したりするときなどにもいう。〔文明本節用集(室町中)〕※牛肉と馬鈴薯(1901)〈国木田独歩〉「先づ僕が自己の額に汗して森を開き林を倒し」
    精選版 日本国語大辞典
本文はここまでです このページの先頭へ