ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 比翼連理

    〘名〙 (「ひよく」は「ひよく(比翼)の鳥」の、「れんり」は「れんり(連理)の枝」の略) 男女の仲がむつまじいことのたとえ。男女の深いちぎり。※吾妻鏡‐建仁二年(1202)八月一五日「此女、日来古郡左衛門尉保忠密通、成二比翼連理契一之処」※ ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 比翼連理

    〔白居易「長恨歌」より。「比翼の鳥」と「連理の枝」の意〕 男女がきわめて仲むつまじいことのたとえ。
    大辞林 第三版
  3. 比翼連理

    比翼の鳥と、連理の枝。夫婦の仲のむつまじいことのたとえ。男女の深い契り。
    デジタル大辞泉
  4. 天に在らば比翼の鳥地に在らば連理の枝

    《白居易「長恨歌」から》夫婦の情愛のきわめて深いことのたとえ。比翼連理。→比翼の鳥 →連理の枝
    デジタル大辞泉
  5. 根心

    こころね。また、真意。本心。「むかし勤めし遊女の道は、さして取る比翼連理の―をわきまへて」〈浮・一代女・二〉
    デジタル大辞泉
  6. 連理

    1 1本の木の枝が他の木の枝と連なって木目が通じ合っていること。2 《「連理の契り」から》夫婦・男女の間の深い契りをたとえていう語。「比翼連理」
    デジタル大辞泉
  7. 羽を並ぶ

    ① 男女が寄り添って愛情こまやかに暮らす。比翼連理の契りを結ぶ。 「 - ・べ枝を交さむと契らせ給ひしに/源氏 桐壺」 ② 臣下が並んで主君を補佐する。 「仕うまつりしきはは、-・べたる数にも思ひ侍らで/源氏 行幸」
    大辞林 第三版
  8. 密通

    〘名〙① ひそかに通じあうこと。また、ひそかに通知すること。また、その通知など。〔日葡辞書(1603‐04)〕※太閤記(1625)三「毛利家よりの密通だも思ひたえたり」② 道義に反して、男女がひそかに肉体関係を持つこと。私通。みそかごと。※ ...
    精選版 日本国語大辞典
  9. 楊貴妃

    [1][一] 中国唐の玄宗皇帝の妃。玄宗の皇子、寿王瑁(まい)の妃であったが、玄宗にみいだされ女道士になり、ついで貴妃となった。舞や音楽にすぐれ、また、聰明であったので玄宗の寵愛を一身に集めた。後、安祿山の乱の際殺された。白居易の「長恨歌( ...
    精選版 日本国語大辞典
本文はここまでです このページの先頭へ