ここから本文です
  1. 武道

    ① 武芸に関する道。剣術・馬術など。 ⇔ 文道 「 -を修練する」 ② 武士の守るべき道。武士道。 ③ 「武道方ぶどうがた」に同じ。
    大辞林 第三版
  2. 武道

    〘名〙 (古く「ぶとう」とも)① 武士の守るべき道。武士道。※太平記(14C後)一二「征夷将軍の位に備はり天下の武道を守る可し」② 武士として常々なすべきこと。すなわち、弓、刀、槍、馬など武芸に関する術の鍛練。弓矢の道。武術。※金刀比羅本保 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 武道

    1 武士として身につけるべき技。武芸。武術。2 武士として守るべき道。武士道。[補説]武技・武術などから発生した日本固有の文化で、相手の動きに応じた基本動作や技を身につけ、攻撃や防御をすることによって勝敗を競う楽しさや喜びを味わえる運動とし ...
    デジタル大辞泉
  4. 武道

    歌舞伎の役柄の一。武術にすぐれた忠義な武士の役。
    大辞林 第三版
  5. 武道

    〘名〙 =ぶどう(武道)③
    精選版 日本国語大辞典
  6. 武道

    歌舞伎の役柄の一。立役(たちやく)のうち、特に武術にすぐれた勇壮な役。
    デジタル大辞泉
  7. 武道

    ⇒日本武道館
    デジタル大辞泉
  8. 武道伝来記

    浮世草子。8巻。井原西鶴作。貞享4年(1687)刊。諸国の敵討ち32話を集めたもの。海音寺潮五郎の歴史小説。昭和11年(1936)発表。同年、「天正女合戦」とともに第3回直木賞受賞。
    デジタル大辞泉
  9. 武道伝来記

    浮世草子。八巻。井原西鶴作。1687年刊。敵討ちをテーマとして武士の悲劇を描いた三二の短編を集める。
    大辞林 第三版
  10. 武道伝来記

    江戸前期の浮世草子。八巻。井原西鶴作。副題、諸国敵討。貞享四年(一六八七)刊。敵討のさまざまなケースを描きながら、武家の行為と心情のありようをさぐった三二章からなる短編小説集。戦国時代的な殺伐さの残る近世初期の時流を背景に、敵討の実相を多様 ...
    精選版 日本国語大辞典
本文はここまでです このページの先頭へ