ここから本文です
  1. 楽天

    人生に対して明るい見通しや考え方をもつこと。
    大辞林 第三版
  2. 楽天

    [1] 〘名〙① 自分の運命や境遇を、天から与えられたものとして受け入れ、物事にあくせくしないこと。人生を楽観すること。のんきなこと。⇔厭世。※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉新詩人「畢竟(つまり)人生には両面がある。楽天とか厭世とか云ふ ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 楽天

    自分の境遇を天の与えたものとして受け入れ、くよくよしないで人生を楽観すること。
    デジタル大辞泉
  4. 楽天

    物事を楽観的に考える人。オプチミスト。 ⇔ 厭世家えんせいか
    大辞林 第三版
  5. 楽天

    「楽天主義」に同じ。 ⇔ 厭世観
    大辞林 第三版
  6. 楽天

    人が楽しく豊かに暮らせる所。楽園。
    大辞林 第三版
  7. 楽天

    ( 形動 ) 人生や物事を楽観しているさま。明るくのんきなさま。 ⇔ 厭世的
    大辞林 第三版
  8. 楽天

    「楽天主義」に同じ。
    大辞林 第三版
  9. 楽天

    〘名〙 楽天的な人。のんきな人。⇔厭世家。※ありのすさび(1895)〈後藤宙外〉五「厭世家が楽天家となる妙法は、蠣殻町で劇儲(ばかまう)けするに限る」
    精選版 日本国語大辞典
  10. 楽天

    〘名〙① 人生の暗い面を認めはするが、結局この世はすべて善であり、人生は楽しいものであるとする考え方。また、そのような人生観に基づく哲学上の立場。楽天主義。オプチミズム。⇔厭世観。※藤棚(1912)〈森鴎外〉「無制限の自由で人生の諧調が成り ...
    精選版 日本国語大辞典
本文はここまでです このページの先頭へ