ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 森羅万象

    1756‐1810(宝暦6‐文化7) 江戸後期の蘭学者,戯作者,狂歌師。本名森島(のちに中原)中良。通称は甫粲(ほさん)。別号は万象亭,天竺老人,2世風来山人。狂号は竹杖為軽(たけつえのすがる)。江戸の人。幕府医官桂川甫周の弟。平賀源内門下 ...
    世界大百科事典 第2版
  2. 森羅万象

    [生]宝暦4(1754)[没]文化5(1808).12.4.江戸時代後期の戯作者。本名,森島甫粲,のち中良。桂川甫周の弟。平賀源内門の蘭学者。源内の号を継承。狂歌名,竹杖為軽 (たけつえのすがる) 。別号,天竺老人,万象亭,森羅子など。洒落 ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  3. 森羅万象(初代)

    ⇒桂川甫粲(かつらがわ-ほさん)
    デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  4. 森羅万象

    江戸後期の戯作(げさく)者,蘭学者。桂川甫周の弟で,本名森島(のち中原)中良。通称は甫粲。別号は万象亭,二世風来山人,天竺老人。平賀源内の門下で,洒落本《田舎芝居》(1787年)等を著す。
    百科事典マイペディア
  5. 森羅万象(2代)

    ⇒七珍万宝(しっちん-まんぽう)
    デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  6. 森羅万象

    江戸後期の狂歌師。通称中原中良、のち森島甫斎。風来山人平賀源内の門人にて二世風来と号する。天明年間万象亭の号を以って黄表紙数部を作り、春町・手柄岡持等と其名を競った。文化5年(1808)歿、55才。
    美術人名辞典
  7. 桂川甫周

    江戸後期の医学者,蘭学者。名は国瑞(くにあきら),号は月池(げっち)。家は代々幕府の医官で,その4世。《解体新書》の訳業に参加,また顕微鏡を日本で最初に医学に応用した。→関連項目朽木昌綱|工藤平助|森羅万象|ツンベリー|ドゥーフ|中村正直| ...
    百科事典マイペディア
  8. 平賀源内

    江戸中期の科学者,戯作(げさく)者,浄瑠璃作者。名は国倫(くにとも),号は鳩渓(きゅうけい),戯号は風来山人(ふうらいさんじん),福内鬼外(ふくうちきがい)など。→関連項目秋田派|大田南畝|小田野直武|佐竹曙山|志度[町]|司馬江漢|森羅万 ...
    百科事典マイペディア
  9. 森島中良

    →森羅万象(しんらまんぞう)
    百科事典マイペディア
  10. 洒落本

    江戸時代の小説の一種。蒟蒻本(こんにゃくぼん),小本(こほん)とも。17世紀前半に興り,明和〜文政(1764年―1830年)ごろ盛行。吉原,岡場所などの遊里を舞台に,遊里を中心に生まれた美意識の一理想である〈通(つう)〉を,会話中心の文体で ...
    百科事典マイペディア
本文はここまでです このページの先頭へ