ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 本地垂迹

    本地としての仏・菩薩(ぼさつ)と、垂迹としての神。→本地垂迹説
    デジタル大辞泉
  2. 本地垂迹

    〘名〙 仏語。本地としての仏・菩薩と垂迹としての神。本地である仏・菩薩が世の衆生を救うために、姿をかえて現われたものが日本の神であるとみるもの。ただし、古くは仏・菩薩と神の関係を逆にみるものもある。※米沢本沙石集(1283)一「然れば本地垂 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 本地垂迹

    本地である仏・菩薩が、救済する衆生しゆじようの能力に合わせた形態をとってこの世に出現してくるという説。日本では神道の諸神を垂迹と考える神仏習合思想が鎌倉時代に整備されたが、その発生は平安以前にさかのぼる。垂迹である神と、本地である仏・菩薩と ...
    大辞林 第三版
  4. 本地垂迹

    〘名〙 神は仏が世の人を救うために姿を変えてこの世に現われたとする神仏同体の説。法華経の本門・迹門の理解に負うもので、すでに九世紀ごろから神仏習合説が行なわれ、平安末期から鎌倉時代にかけて、すべての神社の本地仏が定められるほど盛んとなり、明 ...
    精選版 日本国語大辞典
  5. 本地垂迹

    仏・菩薩(ぼさつ)を本地とし、神を衆生救済のための垂迹とする説。法華経・大日経に基づいて説かれたもの。日本では、平安時代から各地の神社の本地仏が確定し、神仏習合が進められたが、明治の神仏分離により衰退。
    デジタル大辞泉
  6. 本地仏

    本地垂迹説の流行に伴い、日本の神の本地とされた仏・菩薩(ぼさつ)。
    デジタル大辞泉
  7. 神仏習合

    日本固有の神の信仰と外来の仏教信仰とを融合・調和するために唱えられた教説。奈良時代、神社に付属して神宮寺が建てられ、平安時代以降、本地垂迹説(ほんじすいじゃくせつ)やその逆の反本地垂迹説などが起こり、明治政府の神仏分離政策まで人々の間に広く ...
    デジタル大辞泉
  8. 垂迹画

    本地垂迹説に基づく絵画。春日曼荼羅(かすがまんだら)・熊野曼荼羅など、垂迹曼荼羅と称されるものが多い。
    デジタル大辞泉
  9. 和光垂迹

    和光同塵(どうじん)2のこと。本地垂迹の立場からいう。「いづれの所か―の居にあらざる」〈保元・上〉
    デジタル大辞泉
  10. 神仏同体説

    仏と神道の神とが同一であるとする考え方。本地垂迹(ほんじすいじゃく)説や神本仏迹(しんぽんぶつじゃく)説などがある。
    デジタル大辞泉
本文はここまでです このページの先頭へ