ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 本分

    〘名〙① 人が本来つくさなければならないつとめ。その人にとっての本来的な義務。※正法眼蔵(1231‐53)坐禅箴「住持より諸僧、ともに坐禅するを本分の事とせり」 〔荀子‐非相〕② ものや人に本来そなわっているべき性質。※史記抄(1477)八 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 福岡県八女市黒木町本分

    福岡県八女市にある地名。
    日本の地名がわかる事典
  3. 本分

    〘名〙 植物「あさつき(浅葱)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
    精選版 日本国語大辞典
  4. 本分

    統計的推測を行う場合、母集団から大きさnの任意標本をとり、たとえばその標本の相加平均など、標本のある関数を考え、これがどのような確率分布をもつかが問題となることが多い。すなわち、n個の確率変数X1、X2、……、Xnが独立で、各Xiは同一の確 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  5. 本分

    数理統計学において,統計量の分布をいう。有限個の要素を含むある集合が与えられたとき,この集合から1個の要素を無作為に選び出し,その要素のある特性量ξの値を観測しそれを再びもとの集合にもどす。この実験では,どの要素が選ばれる可能性もすべて等し ...
    世界大百科事典 第2版
  6. 本分

    世界大百科事典 第2版
  7. 本分

    植物。ユリ科の多年草,園芸植物,薬用植物。アサツキの別称
    動植物名よみかた辞典 普及版
  8. 本分

    世界大百科事典 第2版
  9. 本分

    無作為抽出を無限回にわたって繰返したときに,標本平均のような統計量が示す度数分布を,その統計量の標本分布という。社会調査に応用される標本調査法にとっては,特に次の2つの定理が重要である。(1) 平均の標本分布 母平均が m,母標準偏差が σ ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  10. 茨城県筑西市関本分

    茨城県筑西市にある地名。
    日本の地名がわかる事典
本文はここまでです このページの先頭へ