ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 木村

    姓氏の一。[補説]「木村」姓の人物木村伊兵衛(きむらいへえ)木村毅(きむらき)木村謹治(きむらきんじ)木村蒹葭堂(きむらけんかどう)木村重成(きむらしげなり)木村庄之助(きむらしょうのすけ)木村荘八(きむらしょうはち)木村荘十(きむらそうじ ...
    デジタル大辞泉
  2. 木村

    [1870~1943]天文学者。石川の生まれ。岩手県奥州市の緯度観測所で緯度変化の観測に従事。明治35年(1902)、緯度変化の公式にZ項(木村項)を付加すべきことを提唱。文化勲章受章。
    デジタル大辞泉
  3. 木村

    姓氏の一。
    大辞林 第三版
  4. 木村

    姓氏の一つ。
    精選版 日本国語大辞典
  5. 木村

    (1870~1943) 天文学者。石川県生まれ。東大卒。緯度変化を研究し、第三の変動成分 Z 項(木村項)を発見。
    大辞林 第三版
  6. 木村庄之助

    相撲の行司。現在は立行司の筆頭格である。[一] 三代。名は正智。寛永(一六二四‐四四)頃、真田伊豆守の家臣であった中立羽左衛門清重を流祖としてはじめて木村庄之助を名のる。以後、代々の世襲名となる。生没年未詳。[二] 一九代。本名鬼頭多喜太。 ...
    精選版 日本国語大辞典
  7. 木村荘八

    [1893~1958]洋画家。東京の生まれ。岸田劉生とともにフュウザン会の結成に参加。のち春陽会会員として活躍。挿絵や随筆にもすぐれた。著「東京繁昌記」など。直木賞作家の木村荘十は異母弟に当たる。
    デジタル大辞泉
  8. 木村荘十

    [1897~1967]小説家。東京の生まれ。洋画家の木村荘八(しょうはち)は異母兄に当たる。満州で新聞記者、出版社の経営を経験し、作家となる。正義感に満ちた大衆小説を執筆。「雲南守備兵」で直木賞受賞。他に「血縁」「嗤(わら)う自画像」など。 ...
    デジタル大辞泉
  9. 木村

    (1894~1979) 評論家。岡山県生まれ。早大卒。明治文化・文学を研究し多数の著作を残す一方、日本フェビアン協会・労農党に参加し社会運動にも挺身した。著「小説研究十六講」など。
    大辞林 第三版
  10. 木村

    ⇒ Z 項ゼツトこう( ABC 略語)
    大辞林 第三版
本文はここまでです このページの先頭へ