ここから本文です
  1. 〘名〙 (「しゅん」は「旬」の漢音)① 中古、朝廷で行なわれた年中行事の一つ。毎月、一日、一一日、一六日、二一日に、天皇が臣下から政務をきく儀式。はじめは毎月行なわれたが、のち、四月と一〇月との一日だけとなって、四月を孟夏の旬、一〇月を孟冬 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙① 一〇日。一〇日間。特に、一か月を三分したときの、それぞれの一〇日間。一日から一〇日までを上旬、一一日から二〇日までを中旬、二一日から月末までを下旬という。※万葉(8C後)一七・三九六五・題詞「忽沈二枉疾一、累旬痛苦、祷二恃百神一、 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. ① 魚介類・野菜などの、味のよい食べ頃の時期。出盛りの時期。 「 -の野菜」 ② 物事を行うのに最適の時期。 ③ その時期に注目され、話題となっていること。 「 -の話題」 ④ 朝廷の年中行事の一。天皇が臣下から政務を聞き、祝宴を催したこと ...
    大辞林 第三版
  4. ① 10日。特に一か月を三分したときの、それぞれの10日間。 「上-・中-・下-」 「入道相国失せ給ひて後、わづかに五-をだにも過ぎざるに/平家 6」 ② 10年を一期とするときの称。 「五-の齢よわいの流車、坂に下る/海道記」 ③ 「しゅ ...
    大辞林 第三版
  5. ⇒じゅん
    デジタル大辞泉
  6. [名]1 魚介類や蔬菜(そさい)・果物などの、最も味のよい出盛りの時期。「旬の魚」「たけのこの旬」2 物事を行うのに最も適した時期。「紅葉狩りの旬」3 古代、宮中で行われた年中行事の一。天皇が紫宸殿(ししんでん)に出御、臣下に酒を賜り、政務 ...
    デジタル大辞泉
  7. 1 10日。特に、1か月を3分した、それぞれの10日間。→上旬 →中旬 →下旬2 10年を1期とした称。「齢(よわい)七旬を迎える」
    デジタル大辞泉
  8. [常用漢字] [音]ジュン(呉) シュン(漢)1 一〇日間。「旬刊/下旬・初旬・上旬・中旬」2 一〇年。または、一〇か月。「旬月・旬年」[名のり]ただ・とき・ひとし・ひら・まさ
    デジタル大辞泉
  9. 准・巡・循・・殉・淳・準・潤・盾・純・遵・醇・閏・順・馴

    【巡】 [音] ジュン ① 見まわる。 「巡検・巡査・巡視・巡邏じゆんら」 ② めぐる。めぐり歩く。まわる。 「巡業・巡行・巡幸・巡航・巡礼・巡歴・一巡」 【旬】 [音] ジュン ① 一か月の3分の1。10日。 「旬刊・旬間・旬日・下旬・上 ...
    大辞林 第三版
本文はここまでです このページの先頭へ