ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 伊達景宗

    ?-? 南北朝時代の武将。駿河(するが)(静岡県)伊達氏の一族。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)では足利尊氏の軍に属し,足利直義(ただよし)の軍とたたかう。観応2=正平(しょうへい)6年(1351)恩賞として入江荘内の土地をあたえられた ...
    デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. 二階堂時綱

    1280-? 鎌倉-南北朝時代の武将。弘安(こうあん)3年生まれ。鎌倉幕府の評定衆,政所(まんどころ)執事などを歴任。室町幕府でも引付方,政所執事などをつとめる。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)では足利直義(ただよし)に味方した。法名は ...
    デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  3. 道俗

    〘名〙 僧侶と俗人。仏道にはいっている人と俗世間の人。※続日本紀‐養老元年(717)四月壬辰「詐称二聖道一、妖二惑百姓一、道俗擾乱、四民棄レ業」※古本説話集(1130頃か)七〇「まゐり集りたるそこそばくのだうぞく男女、声も惜まず」 〔魏書‐ ...
    精選版 日本国語大辞典
  4. 動乱

    〘名〙① 世の中が変動し乱れること。また、戦争や、それによるさわぎ。転じて、さわぎ。騒乱。擾乱。※太平記(14C後)一二「国々の動乱(トウらん)更に休(やむ)時無し」 〔魏志‐張遼伝〕② 気持や態度が平静さを失って、激しく乱れること。※神道 ...
    精選版 日本国語大辞典
  5. 建武

    南北朝時代、後醍醐天皇の代の年号。元弘四年(一三三四)一月二九日、擾乱帰正のために、後漢の光武帝の年号にならって改元。南朝では建武三年(一三三六)二月二九日延元と改元。北朝では引き続き、この年号を用いて、建武五年八月二八日、暦応と改めた。
    精選版 日本国語大辞典
  6. デバイ半径

    プラズマ中で静電的な擾乱が存在しても,ある距離で遮蔽されてしまうので,遠距離までその影響が及ぶことはない.これは,もともと強電解質溶液理論としてデバイとヒュッケルによって導出されたことの応用であるが,この反対符号のイオンによる球対称な遮蔽の ...
    法則の辞典
  7. 赤祖父俊一

    1930- 昭和後期-平成時代の地球物理学者。昭和5年12月4日生まれ。東北大大学院在学中にアラスカ大にうつり,昭和39年アラスカ大地球物理研究所教授となり,61年同所長。のち国際北極圏研究センター所長。オーロラの研究で世界的に知られる。磁 ...
    デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  8. 上杉顕能

    ?-? 南北朝時代の武将。伯父上杉重能の養子。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)では足利直義(ただよし)に属する。観応2=正平(しょうへい)6年(1351)おなじ養子の能憲(よしのり)によって摂津武庫川(兵庫県)で殺された高師夏(こうの- ...
    デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  9. 三戸師親

    ?-1351 南北朝時代の武将。高師冬(こうの-もろふゆ)にしたがって,常陸(ひたち)(茨城県)小田城をはじめ諸城を攻め,足利氏の関東制圧に功があった。観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)では足利尊氏(たかうじ)方についたが,観応2=正平( ...
    デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  10. 斯波氏経

    ?-? 南北朝時代の武将。斯波高経(たかつね)の次男。足利義詮(よしあきら)につかえ,観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)で反幕府方となった父にかわって,越前守護となる。延文5=正平(しょうへい)15年(1360)九州探題に起用されて九州に ...
    デジタル版 日本人名大辞典+Plus
本文はここまでです このページの先頭へ