ここから本文です
  1. 担保

    〘名〙① 将来、他人に与えるかもしれない不利益の補いとなるもの。また、その補いをつけること。しちぐさ。抵当。ひきあて。かた。※縮図(1941)〈徳田秋声〉裏木戸「本物は担保に取った大場の手元にあるのは兎に角として」② (━する) 保証するこ ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 担保

    〘名〙① 担保物権が設定された後、さらに担保物権の目的物をふやすこと。〔投機市場論(1926)〕※天下泰平(1955)〈源氏鶏太〉会社評論家「高利貸から、強硬にマシタンポを要求されているとか」② 取引市場で、信用取引の過度の投機を抑えるため ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 担保

    [名](スル)1 将来生じるかもしれない不利益に対して、それを補うことを保証すること、または保証するもの。抵当。「土地を担保に入れる」2 債務者が債務を履行しない場合に備えて債権者に提供され、債権の弁済を確保する手段となるもの。物的担保と人 ...
    デジタル大辞泉
  4. 担保

    ① 〘法〙 債務不履行の際に債務の弁済を確保する手段として、あらかじめ債権者に提供しておくもの。質権・抵当権などの物的担保と保証人などの人的担保がある。 ② 抵当。かた。しちぐさ。 「 -に取る」 ③ 保証すること。また、保証人。 〔明治時 ...
    大辞林 第三版
  5. 担保

    〘名〙 貸付側が担保をとって貸付をすること。担保貸付。⇔信用貸。〔英和商業新辞彙(1904)〕
    精選版 日本国語大辞典
  6. 売渡担保

    〘名〙 売買の形式をとる物的担保の方法。借金をする者が担保物を貸し主に売り渡す形式をとり、代金の形で融資を受けるが、一定の期間内に元利に相当する金額を支払って、目的物を買い戻すことができるものとすること。売渡抵当。
    精選版 日本国語大辞典
  7. 担保

    〘名〙① 抵当の品。担保物。しちぐさ。② 担保として提供される物件。担保物。※東京日日新聞‐明治二四年(1891)一月一四日「担保品の数を増さんことを日本銀行総裁に請願して許可せられ」
    精選版 日本国語大辞典
  8. 担保

    〘名〙① =たんぽひん(担保品)①② =たんぽひん(担保品)②
    精選版 日本国語大辞典
  9. 担保掛目

    〘名〙 担保物件の価格よりも低く評価する際の比率。
    精選版 日本国語大辞典
  10. 担保

    〘名〙 担保を提供しないこと。また、担保をとらないこと。※真理の春(1930)〈細田民樹〉ひるしぼむ花「今度の資金が始め無担保(ムタンポ)だったのに、責任を大浦から彼等に移し」
    精選版 日本国語大辞典
本文はここまでです このページの先頭へ