ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 〘名〙 柔道で、投げ技が完全な一本とは認めがたいが、もう少しで一本となるようなときに下す判定。また、おさえこみで二〇秒以上二五秒未満経過したときに下す判定。技あり二度で合わせ技一本となり、勝ちとなる。
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙 うでまえ。わざ。技芸。※随筆・山中人饒舌(1813)上「竹洞尾人。寓二京師一。鬻レ技自給」 〔荘子‐列禦寇〕
    精選版 日本国語大辞典
  3. 世界大百科事典 第2版
  4. 〘名〙 芸術やスポーツなどで、そのやり方、方法。手法。※西行(1942)〈小林秀雄〉「即興は彼の技法の命であって、放胆に自在に、平凡な言葉も」
    精選版 日本国語大辞典
  5. 〘名〙① 手で加工する技術。また、その技術をもっている者。※二十歳(1933)〈川端康成〉「技工も器用に覚え、歯科の夜学へ通へと」② 鉄道の機関区、電車区などで、車両や器具の修理、検査などの仕事に当たる人の旧称。
    精選版 日本国語大辞典
  6. 〘名〙① 技術にすぐれていること。たくみ。〔史記‐貨殖伝賛〕② 文学、美術、音楽などで、巧みに表現する手腕、技術。テクニック。※日本風俗備考(1833)一四「祭日には寺院中尽く祭を設け、色々の技巧なる造り物を為して」※行人(1912‐13) ...
    精選版 日本国語大辞典
  7. 〘名〙 (「技師(ぎし)」と発音が紛れやすいので、区別するための呼び方) =ぎしゅ(技手)
    精選版 日本国語大辞典
  8. 〘名〙 =テクニカル‐ノックアウト
    精選版 日本国語大辞典
  9. 〘名〙 手品、軽業(かるわざ)、曲馬などの技の変化。
    精選版 日本国語大辞典
  10. 〘名〙① 旧制官庁の技術官の一つ。技術上のことを掌る高等官、または高等官待遇のもの。技官。※技術官俸給令(明治三一年)(1898)三条「技師は奏任とし技手は判任とする」② 工業、土木建築など、高度な技術を持っている専門家。※人生に相渉るとは ...
    精選版 日本国語大辞典
本文はここまでです このページの先頭へ