ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 〘名〙 野球やゴルフで、ボールを打つこと。「投打にわたり大活躍」「第一打でグリーンに乗せる」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 野球やゴルフで、ボールを打つこと。打撃。 「投-のバランス」 「第一-」
    大辞林 第三版
  3. 野球やゴルフなどで、ボールを打つこと。打撃。「打のチーム」
    デジタル大辞泉
  4. [音]ダ(慣) チョウ(チャウ)(呉) [訓]うつ[学習漢字]3年1 うつ。たたく。「打撃・打倒・打撲/殴打・強打・痛打・乱打・連打」2 その動作をする意を表す語。「打開・打算」3 野球などで、ボールを打つこと。「打者・打数・打率/安打・犠 ...
    デジタル大辞泉
  5. 〘名〙 (dozen から。「打」はあて字) 数量の単位の一つ。一二個、または、一二個のものの一組をいう。※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「麦酒が半打(ダアス)も」
    精選版 日本国語大辞典
  6. ⇒だ
    デジタル大辞泉
  7. [1] 〘名〙 (動詞「うつ(打)」の連用形の名詞化)① 打つこと。② 砧(きぬた)で絹を打ち、光沢を出すこと。後世は板引にかわったが、呼び名は残った。③ 琴、三味線の演奏技法の一つ。箏曲(そうきょく)では右手の中指の琴爪で軽く弦を打つ技法 ...
    精選版 日本国語大辞典
  8. 〘接頭〙 (動詞「ぶつ(打)」の連用形から) 動詞の上に付けて、その意味を強める。また、荒々しい動作でそのことをする意を表わす。「ぶっ」「ぶん」という音便形にもなる。「ぶち明ける」「ぶち売る」「ぶち返る」など。
    精選版 日本国語大辞典
  9. 〘接頭〙 「ぶち(打)」の変化した語。「ぶっかえる」「ぶったまげる」など。
    精選版 日本国語大辞典
  10. 〘他サ変〙 打ちたたく。打ちこらす。なぐる。打擲(ちょうちゃく)する。※尊経閣本竹取(9C末‐10C初)「くらもちの御子ちのなかるまてちゃうせさせ給ふ」[補注]「竹取物語」の用例は木活字本などに「調せさせ」とあり、また諸本に「ととのへをさせ ...
    精選版 日本国語大辞典
本文はここまでです このページの先頭へ