ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. [1] 〘名〙① なしとげること。まとまった形にしあげること。曲を奏しおえること。※儀式(872)三「国栖奏二古風一五成、次悠紀国奏二国風一四成」※平治(1220頃か)上「君、臣をえらんで官をさづけ、臣、をのれをはかって職をうくるときは、任 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 中国,五胡十六国の一つ。306‐347年。成漢,後蜀ともいう。西晋時代,飢餓に苦しむ関中方面の氐(てい)族は故郷の漢水地方に流れこんだが,これを指導する李特は,西晋の内乱に乗じて四川地方を占拠した。以後李氏一族がこの地方の覇権を握り,李特の ...
    世界大百科事典 第2版
  3. → 五胡十六国
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  4. 〘感動〙 (「なるほど(成程)」の略) 相手のことばに対して、その通りであると同意する気持、またはそうであったかと納得する気持を表わす。※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉九「嘴(くちばし)をさしはさみて、大きな声にて、『成(ナ)っ』 ...
    精選版 日本国語大辞典
  5. 〘名〙 旧暦の用語。暦の中段の十二直の一つ。建築・婚姻・立願・入学・旅行・移転・種蒔きなど、成就を期待する行事・事業を始めるのには吉、訴訟には凶とされる。成日(なるひ)。※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)初「立直を定め当日に執(とる) ...
    精選版 日本国語大辞典
  6. [1] 〘自サ変〙 なる。できる。できあがる。成功する。成就する。※今昔(1120頃か)一「我が道の成じ不成ぜざる事を軽め疑ふ事无かれ」[2] 〘他サ変〙 なしとげる。成就させる。※霊異記(810‐824)中「仏性の頂に登り、普く群生に施し ...
    精選版 日本国語大辞典
  7. (建築)

    世界大百科事典 第2版
  8. 三好

    1852-1941 明治-大正時代の開拓者。嘉永(かえい)5年4月29日生まれ。大分県の竹田小学校教員などをへて,明治37年大分県玖珠(くす)郡長となる。青木丑之助に協力し,飯田(はんだ)高原の土地改良事業をすすめ,45年みずから千町無田( ...
    デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  9. 曲田

    1846-1894 明治時代の実業家。弘化(こうか)3年生まれ。もと阿波(あわ)徳島藩士。維新後,実業界にはいり,明治16年平野富二の東京築地活版製造所をついで所長となった。明治27年10月15日死去。49歳。幼名は岩本壮平。
    デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  10. 〘名〙 (「どうにもならず」の略)① どうにもならないこと。ものにならないこと。② 「ならずもの(不成者)」の略。※浄瑠璃・大職冠(1711頃)三「婿のならずはまだ留主か」③ 将棋で、駒が敵陣の三段目以内で、または以内へ動いても成らないで、 ...
    精選版 日本国語大辞典
本文はここまでです このページの先頭へ