ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 成功

    〘名〙① 事業を完成すること。仕事ができあがること。目的を達成すること。※三代格‐五・天長八年(824)四月二一日「件使一任永用、既倦二成功一」※落葉(1889‐90)〈内田魯庵〉「セルカークの事蹟世に公けになりて之を記述し或はせんと試みし ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 成功

    平安時代に行われた売官制度。朝廷に私財を献じて、各種の造営、大儀などの功(こう)を成し遂げた者に、官職を授与すること。成功に近い制度としては奈良時代の「贖労(しょくろう)」があるが、律令(りつりょう)制の衰退した平安中期以降、国費の不足を補 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 成功

    平安時代中期以後,朝廷の行なった売官で,造営や大礼などの費用を献じて任官されること。奈良時代,成功に近い制度として,官人が資財を献じて,実働と同じ評定を受ける贖労 (しょくろう) があったが,荘園の増加により,国家収入が激減した 11世紀な ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  4. 成功

    〘名〙 (「じょう」は「成」の呉音。公事を務めて功を成す意) 平安中期以降、政府に造宮、造寺などの臨時の出費のあるとき、私財を寄付すること。その用途を賄うことで官位を賜わった。特に院政期に盛んで国司を希望する者が多かった。南北朝以後衰退した ...
    精選版 日本国語大辞典
  5. 成功

    平安時代に行われた売官の制度。私費を朝廷に献じて各種の造営などを助けたものに官職あるいは位を授けた。律令制の崩壊する平安中期以後行われ,特に院政時代には遷任(異なる任地に赴くこと)あるいは重任(ちょうにん)(成功によって国守を再任すること) ...
    百科事典マイペディア
  6. 成功

    〘名〙 成功を条件として支払いを約束した金。
    精選版 日本国語大辞典
  7. 成功

    平安時代初期を過ぎるころ,奈良時代からあった贖労銭(しよくろうせん)という財貨を納めた者を下級官人に補任することが盛んになっていたが,さらに朝廷では収入不足の対策の一つとして,宮殿・官衙の建築・修理や諸行事挙行の経費に充てるため,中央・地方 ...
    世界大百科事典 第2版
  8. 成功

    〘名〙 (形動) 成功しないこと。結果がよくないこと。また、そのさま。※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉ハイカラ紳士「川尻伯爵の口が不成効だと」
    精選版 日本国語大辞典
  9. 成功

    〘名〙 目的を達成した人。多くは、事業などに成功して地位や富を得た人をいう。※門(1910)〈夏目漱石〉四「失敗者としての自分に顧みて、成効者(セイカウシャ)の前に頭を下げる対照を」
    精選版 日本国語大辞典
  10. 成功

    1624‐62 中国,明の遺臣。字は明儼。忠節と諡(おくりな)される。父は鄭芝竜,母は日本人田川氏の娘で,日本の平戸で生まれた。幼名は福松。7歳のとき,中国福建省の父の許におもむいて名を森(しん)と改め,南京の太学で学んだ。1645年(順治 ...
    世界大百科事典 第2版
本文はここまでです このページの先頭へ