ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 怒り

    人間に特有の基本的感情の一つ。すでにローマ時代にセネカが〈野獣にしても,その他の動物にしても,人間以外はすべて怒りを欠如している。なぜというに,怒りは理性の敵である一方,理性の入る余地のないところには,どこにも生じないからである〉(《怒りに ...
    世界大百科事典 第2版
  2. 怒り

    一般に目標に到達するための行動が妨害されたときに生じる攻撃的な情動が怒りであるとされている。イギリスの心理学者ブリッジスK. M. B. Bridges(1897―?)の情動の分化についての研究によると、出生時は興奮だけであるが、乳児期には ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 怒り

    2016年の日本映画。監督・脚本:李相日、原作:吉田修、音楽:坂本龍一、出演:渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、宮崎あおい、妻夫木聡ほか。第40回日本アカデミー賞で最優秀助演男優賞(妻夫木聡)受賞。
    デジタル大辞泉プラス
  4. 怒り

    吉田修一の長編小説。2014年、上下2巻で刊行。現場に「怒」の血文字が残された殺人事件の容疑者と思しき3人の男性を巡る群像劇。
    デジタル大辞泉プラス
  5. 怒りの葡萄

    アメリカの作家スタインベックの小説。1939年刊。作者のみならず1930年代のアメリカ文学を代表する記念碑的小説として,40年のピュリッツァー賞を受賞した。1930年代末に南部アメリカを襲った干ばつと砂嵐を契機に機械化農法を導入した資本家た ...
    世界大百科事典 第2版
  6. 怒りの葡萄

    アメリカの作家ジョン・スタインベックの長編小説。1939年刊。1930年代の経済不況を背景に、オクラホマ州の小作地から追い立てられ、カリフォルニアに楽園を夢み、流れて行く季節労務者ジョード一家を描く。ユダヤ民族がエジプトで捕虜となり、故郷カ ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  7. 怒りの葡萄

    1940年製作のアメリカ映画。原題《The Grapes of Wrath》。ジョン・スタインベックのピュリッツァー賞受賞小説の映画化。監督:ジョン・フォード、出演:ヘンリー・フォンダ、ジェーン・ダーウェル、ジョン・キャラダインほか。第13 ...
    デジタル大辞泉プラス
  8. 怒りの海

    1944年公開の日本映画。監督:今井正、脚本:八木沢武孝、山形雄策、撮影:小倉金弥。出演:大河内伝次郎、原節子、月田一郎、河津清三郎、黒川弥太郎、村田千栄子、志村喬ほか。
    デジタル大辞泉プラス
  9. 怒りの街

    1950年公開の日本映画。監督・脚本:成瀬巳喜男、原作:丹羽文雄による同名小説、脚本:西亀元貞、撮影:玉井正夫。出演:宇野重吉、原保美、東山千栄子、村瀬幸子、若山セツ子、浜田百合子、久我美子ほか。
    デジタル大辞泉プラス
  10. 怒りの丘

    英国の作家ダフネ・デュ・モーリアの小説(1972)。原題《Rule Britannia》。
    デジタル大辞泉プラス
本文はここまでです このページの先頭へ