ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 強力

    剛力とも記す。古くは修験(しゅげん)者や山伏などの荷を背負って霊山に登った従者のこと。現在では登山者の荷を背負って案内する人をいう。→シェルパ/ぼっか
    百科事典マイペディア
  2. 強力

    山伏,修験者 (しゅげんじゃ) に従い,力役 (りょくえき) をつとめる従者の呼称。修験者が,その修行の場を山野に求め,長途の旅を続けたところから,その荷をかついでこれに従った者。中世になると社寺あるいは貴族に仕え,輿 (こし) をかつぐ下 ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  3. 強力

    荷物を負って運搬する者のことをいう。現在はもっぱら、登山者の荷物を運びながら道案内をする者をさしている。しかし、より古い時代には、修験者(しゅげんじゃ)が各地を回る際、その供をして荷物を担いでいく者のことをいったらしい。鎌倉期以降、力者(り ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  4. 強力

    剛力とも書く。修験者,山伏などに従う下僕や召使のことで,荷を背負って山岳を歩いた。後には,霊山での登拝者の従者,荷を負って登山客の山案内をする人の意に変化した。立山では,中語(ちゆうご)と称し,登拝者は,山麓でこの人を頼み,その案内で山に登 ...
    世界大百科事典 第2版
  5. 強力

    〘名〙① (形動) 力や作用の強いこと。また、その力、そのさま。ごうりき。※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「彼等は其強力を頼んで」 〔論衡‐効力〕② 努力すること。〔荘子‐譲王〕
    精選版 日本国語大辞典
  6. 強力

    〘名〙 和歌の風体の一つ。素朴で力強く崇高な美しさをもったもの。定家十体にいう拉鬼体(らっきたい)と同じ内容のもの。ごうりき。※愚秘抄(1314頃)鵜本「鬼拉体 強力体」
    精選版 日本国語大辞典
  7. 強力

    〘名〙 暴行または脅迫を手段とする犯罪。殺人罪、強盗罪、傷害罪など。また、その犯人。知能犯に対していう。実力犯。
    精選版 日本国語大辞典
  8. 強力

    〘名〙 小麦粉の種類の一つ。蛋白質やグルテンの含有量が高く、粘りけのあるもの。食パンやスパゲティなどに使う。→薄力粉
    精選版 日本国語大辞典
  9. 強力

    カナダ産ウェスタン・レッド・スプリングやアメリカ産ダーク・ノーザン・スプリングなどの硬質小麦を製粉して得られる小麦粉。タンパク質やグルテンの量が多く、水とこねてできる生地(きじ)の弾力が強いのが特徴である。一、二等粉クラスはタンパク質量が1 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  10. 強力

    → 暴力犯
    日本大百科全書(ニッポニカ)
本文はここまでです このページの先頭へ