ここから本文です
  1. 幻滅

    ( 名 ) スル 理想視していたものの、現実の姿に気づいて落胆すること。 「実態を見て-する」
    大辞林 第三版
  2. 幻滅

    〘名〙 幻想から覚めて現実にかえってがっかりすること。美化され理想視されていた事柄が幻にすぎなかったことを知らされること。※幻滅時代の芸術(1906)〈長谷川天渓〉「幻滅の世に彷徨する者を導きて、真正の幻影界に優遊せしむる芸術は、いかなる物 ...
    精選版 日本国語大辞典
  3. 幻滅

    [名](スル)期待やあこがれで空想し美化していたことが現実とは異なることを知り、がっかりすること。「幻滅を感じる」「都会生活に幻滅する」
    デジタル大辞泉
  4. 幻滅の悲哀

    幻滅したときに味わうかなしみ。※現実暴露の悲哀(1908)〈長谷川天渓〉一「実に宗教も哲学も、其の権威を失ひたる今日、吾れ等の深刻に感ずるものは幻滅の悲哀なり」
    精選版 日本国語大辞典
  5. 幻滅の悲哀

    理想としていたことが幻にすぎなかったと悟ったあとに感じる悲しみ。
    デジタル大辞泉
本文はここまでです このページの先頭へ