ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 希望

    〘名〙 (「け」「もう」はそれぞれ「希」「望」の呉音) =きぼう(希望)※往生要集(984‐985)大文一「或有レ鬼。名二悕望一。世人為二亡父母一。設レ祀之時。得而食レ之」※米沢本沙石集(1283)六「まして布施の希望(ケマウ)は名利の為也 ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 希望

    フランスの作家アンドレ・マルローの長編小説。1937年刊。作者自身スペイン市民戦争に共和政府側の国際義勇軍飛行集団の組織者として参加したが、そうした実践活動のなかで「現実と拮抗(きっこう)」しようとする野心をもって書かれた。3部に分かれ、1 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 希望

    一般的には,望ましいものを獲得しようとする期待を伴った欲求,あるいはその獲得や出現の期待そのものを意味するが,ユダヤ教,キリスト教では特別の意味をもつ。特にキリスト教では信仰,愛と並んで三対神徳 (キリスト者の基本的態度,コリント1書 13 ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  4. 希望

    〘名〙 あることについて、願い望んでいる人。※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉猟官「限りある椅子を限りなき希望者に振播く事が出来ない」
    精選版 日本国語大辞典
  5. 希望

    〘形動〙 そうなればよい、そうあってほしいと考えるさま。また、希望がもてるさま。※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉六「彼の富の太陽は紅輪杲々として将に半天に躍り上らんとする希望的のものなるを見る可し」
    精選版 日本国語大辞典
  6. 希望・冀望

    〘名〙① (━する) こいねがうこと。あることが実現することを待ち望むこと。また、その気持。のぞみ。願望。※新聞雑誌‐三〇号・明治五年(1872)二月「方今政府と国人の冀望(キボウ)する所は」 〔後漢書‐安帝紀〕② 将来への明るい見通し。の ...
    精選版 日本国語大辞典
  7. 希望退職

    〘名〙 本人の希望によって退職すること。また、使用者が、人員整理のため、従業員の中から退職希望者を募集して解雇すること。※日々の収拾(1970)〈坂上弘〉「希望退職を募っているわけでもないのかね」
    精選版 日本国語大辞典
  8. 希望が丘

    ⇒希望が丘(きぼうがおか)〔長岡市〕 ⇒希望が丘(きぼうがおか)〔柏崎市〕
    日本の地名がわかる事典
  9. 希望の党

    日本の政党。2017年(平成29)9月、東京都知事の小池百合子(1952― )を中心とする地域政党「都民ファーストの会」が国政に進出する形で結党した。野党第一党の民進党との合流による政権交代を目ざしたが、小池の護憲・リベラル派議員に対する排 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  10. 希望的観測

    〘名〙 自分につごうのよいように、事のなりゆきをおしはかること。※医師高間房一氏(1941)〈田畑修一郎〉四「草木の黒っぽさも何かの間違ひ恐らく人間の希望的観測といふやつだったのだらう」
    精選版 日本国語大辞典
本文はここまでです このページの先頭へ