ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 〘名〙 =くなど(岐)の神※延喜式(927)祝詞「八衢(やちまた)ひこ・八衢ひめ・久那斗(クナト)と御名は申して、辞竟(ことを)へまつらくは」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙 道の分かれるところ。道の分岐点。〔温故知新書(1484)〕※俳諧・望一千句(1649)一〇「二道は更にかけじの約束に ふなとにて荷をおろす馬方」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 巷・・衢

    〘名〙 (道股の意)① 道がいくつかに分かれるところ。また、その道。分かれ道。分岐点。辻。岐路。※古事記(712)中「麗美しき嬢子、其の道衢(ちまた)に遇ひき」※読本・春雨物語(1808)樊噲下「道ちまたにて、くらき夜にはまよふ事既にありき ...
    精選版 日本国語大辞典
  4. 股・胯・叉・・俣

    〘名〙① 一つのものが二つ以上に分かれているところ。また、そのもの。※石山寺本法華経玄賛平安中期点(950頃)六「尾の頭に両の岐(マタ)有り」② 胴から足の分かれ出るところ。またぐら。※霊異記(810‐824)下「我が黒みそひ麻多(マタ)に ...
    精選版 日本国語大辞典
  5. 立石

    1847-1929 明治時代の政治家。弘化(こうか)4年5月13日生まれ。明治11年中島衛(まもる)らと岡山県津山に共之社を結成し,養蚕業の育成につとめる。12年岡山県会議員に当選,両備作三国親睦会の結成にくわわり国会開設請願運動をすすめる ...
    デジタル版 日本人名大辞典+Plus
本文はここまでです このページの先頭へ