ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 〘名〙 =ねのこもち(子子餠)※源氏(1001‐14頃)葵「ねのこはいくつかつかうまつらすべう侍らむ」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘形シク〙 子どもっぽい。おっとりしている。おうようである。※落窪(10C後)一「心うしとこそ思はめとの給ふ。ここしければ、らうたしと思ひて」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙① 子が胎内にいること。はらんでいること。懐胎。妊娠。〔改正増補和英語林集成(1886)〕② 「こごもり(子籠)の鮭」の略。〔俳諧・毛吹草(1638)〕
    精選版 日本国語大辞典
  4. 〘名〙 =ねまつり(子祭)※志不可起(1727)「又私曰、月まち、日まち、其外庚申待、子待、巳待などもまつりと云事を誤たるにや」
    精選版 日本国語大辞典
  5. 〘名〙 旧暦一〇月か一一月の初子(はつね)の日に行なう収穫祭。酒饌(しゅせん)・二股大根・玄米・黒小豆などを供える。ねまち。子の祭。《季・冬》※実隆公記‐大永四年(1524)一一月三日「今夜子祭如レ例」※俳諧・芭蕉庵小文庫(1696)冬「子 ...
    精選版 日本国語大辞典
  6. 〘名〙 昔、正月の初子(はつね)の日に、野に出て遊んだ行事。ねのひのあそび。〔散木奇歌集(1128頃)〕
    精選版 日本国語大辞典
  7. ⇒ね(子)の日
    精選版 日本国語大辞典
  8. 〘名〙 子の刻をさらに四つに分けた時法の第一の時刻。現在の午後一一時から一一時半頃。一説に、午前零時から零時半頃。※伊勢物語(10C前)六九「わが寝る所に率(ゐ)て入りて、ねひとつより丑(うし)三つまであるに」
    精選版 日本国語大辞典
  9. 〘名〙 (「こごろし」とも) 自分の子を殺すこと。また、その人。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
    精選版 日本国語大辞典
  10. 〘自マ四〙 (「こうむ」の変化した語) 卵(たまご)や子どもをうむ。出産する。※古事記(712)下・歌謡「そらみつ 大和の国に 雁古牟(コム)と聞くや」
    精選版 日本国語大辞典
本文はここまでです このページの先頭へ