ここから本文です
  1. 〘形シク〙 子どもっぽい。おっとりしている。おうようである。※落窪(10C後)一「心うしとこそ思はめとの給ふ。ここしければ、らうたしと思ひて」
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙 =ねのこもち(子子餠)※源氏(1001‐14頃)葵「ねのこはいくつかつかうまつらすべう侍らむ」
    精選版 日本国語大辞典
  3. 〘名〙① 子が胎内にいること。はらんでいること。懐胎。妊娠。〔改正増補和英語林集成(1886)〕② 「こごもり(子籠)の鮭」の略。〔俳諧・毛吹草(1638)〕
    精選版 日本国語大辞典
  4. 《「ろ」は接尾語。上代東国方言》「こら(子等)」に同じ。「小菅ろの末(うら)吹く風のあどすすかかなしけ―を思ひすごさむ」〈万・三五六四〉
    デジタル大辞泉
  5. 〘名〙 子を産むこと。出産。※栄花(1028‐92頃)鶴の林「中納言殿の上も、この頃御こうみの事あべければ」
    精選版 日本国語大辞典
  6. 〘名〙 子どもを育てること。子を産み育てること。※俳諧・毛吹草追加(1647)上「世づきてや子そたてもよき女子竹〈元綱〉」
    精選版 日本国語大辞典
  7. 〘名〙 親が子と生きたまま別れること。
    精選版 日本国語大辞典
  8. 〘名〙 牛馬の所有主と飼主とが、その牛馬の産んだ子を分配すること。立分(たてわけ)。
    精選版 日本国語大辞典
  9. 〘名〙① 子どもを持っていること。また、その人。子持ち。こぶつき。② 増資による新株の割当を受ける権利が付いていること。新株権利付き。
    精選版 日本国語大辞典
  10. 〘名〙 =こづけなます(子付膾)
    精選版 日本国語大辞典
本文はここまでです このページの先頭へ