ここから本文です
  1. [1] 〘名〙① 親しい交わり。親睦。よしみ。※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉二「勝兵の余威を以て来て好を求め数々西辺に寇せり」 〔詩経‐衛風・木瓜〕② このむこと。すくこと。愛すること。※評判記・色道大鏡(1678)一五「好( ...
    精選版 日本国語大辞典
  2. 〘名〙 =よしみ(好)※書紀(720)雄略五年七月(前田本訓)「以て兄王(こきし)の好(ヨシヒ)を脩むるなり」
    精選版 日本国語大辞典
  3. [音]コウ(カウ)(呉)(漢) [訓]このむ すく よい よしみ[学習漢字]4年1 愛する。このむ。「好悪(こうお)・好色/愛好」2 美しい。「好男子」3 すぐれている。りっぱな。「好手・好投」4 よい。このましい。「好運・好機・好況・好調 ...
    デジタル大辞泉
  4. [接頭]名詞に付いて、よい、このましい、りっぱな、などの意を表す。「好人物」「好条件」「好成績」
    デジタル大辞泉
  5. 〘語素〙 名詞に付いて、その物事を好むこと、または、それを好む人の意を表わす。「酒好き」「遊び好き」「物好き」など。「人好き」「男好き」のように他人が好感をもつことにもいう。※玉塵抄(1563)四「茶ずきした者なり茶経三篇を作たぞ」※暑中休 ...
    精選版 日本国語大辞典
  6. [1] 〘自カ四〙① 好色に振る舞う。恋に打ち込む。※伊勢物語(10C前)四〇「昔の若人は、さるすける物思ひをなんしける」② 風流の道に深く心をよせる。風雅の道に趣味がある。※枕(10C終)一八〇「そのころいたうすいたるものにいはれ、心ばせ ...
    精選版 日本国語大辞典
  7. [1] 〘名〙 (動詞「このむ(好)」の連用形の名詞化)① 好むこと。好くこと。嗜好。※源氏(1001‐14頃)夕顔「この方の御このみにはもて離れ給はざりけり」② のぞみ。希望。注文。※源氏(1001‐14頃)帚木「人のありさまをあまた見合 ...
    精選版 日本国語大辞典
  8. 〘他マ五(四)〙 (多くのものの中から特にそのものをよしとして選び出す)① 他とくらべて特にそれを好きになる。気に入る。興味をもつ。愛する。※万葉(8C後)一五・三七五八「さす竹の大宮人は今もかも人なぶりのみ許能美(コノミ)たるらむ」※東京 ...
    精選版 日本国語大辞典
  9. 〘形シク〙 ⇒このましい(好)
    精選版 日本国語大辞典
  10. 〘形シク〙 ⇒このもしい(好)
    精選版 日本国語大辞典
本文はここまでです このページの先頭へ