ここから本文です
辞書:
すべて
国語辞典
英和和英
その他の辞典
  1. 太陽

    (1) 博文館が 1895年1月創刊した総合雑誌。それまで刊行していた『日本大家論集』『日本商業雑誌』『日本農業雑誌』『日本之法律』『婦女雑誌』を廃して『太陽』を創刊した。歴代の編集長に高山樗牛,浮田和民,長谷川天渓らの逸材を得たこともあっ ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  2. 太陽

    太陽とは太陽は地球にもっとも近い恒星であり、地球上の生命の源である。太陽は、太陽系の中心に位置し、万有引力により太陽系の天体の運動を支配しているだけではなく、太陽の光や熱や太陽風を太陽系の惑星や衛星、彗星(すいせい)、惑星間塵(じん)に送り ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  3. 太陽

    1895年(明治28)1月に博文館から創刊された総合雑誌。月刊、四六倍判、本文200ページ、定価15銭。1928年(昭和3)2月、第34巻第2号(通算530冊)まで発行して廃刊。内容は、論説、史伝、地理、小説、雑録のほか、政治、法律、文学、 ...
    日本大百科全書(ニッポニカ)
  4. 太陽

    植物。ボタン科のボタンの園芸品種
    動植物名よみかた辞典 普及版
  5. 太陽

    赤道半径=69万6000km視半径=15′59″.64質量=1.9891×1030kg赤道重力=273.45ms2体積=130万4000(地球=1) 比重=1.41自転周期=25.38日 赤道傾斜角=7゜.25極大光度=-26.8等太陽系の ...
    世界大百科事典 第2版
  6. 太陽

    博文館発行の月刊誌。1895年1月創刊。《日本大家論集》の大成功で種々の雑誌を事業の柱の一つとしてきた博文館が,94年末に政治・経済関係の雑誌を廃刊して,日清戦争後の社会変化に対応した総合雑誌として創刊した。四六倍判,本文200ページ,写真 ...
    世界大百科事典 第2版
  7. 太陽

    兵庫の日本酒。全量兵庫県産山田錦を使用し、無添加、無ろ過で醸造する純米原酒。仕込み水は六甲山系の伏流水。蔵元の「太陽酒造」は江戸末期創業。生産石数100石あまりの小さな蔵。所在地は明石市大久保町江井島。
    [日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション
  8. 太陽

    地球から最近距離にある恒星。地球を含む八つの惑星がその周囲を公転する。地球から見た視直径は約 32′,地球からの平均距離は約1億 4960万 km,半径 69万 6000km。質量 1.989× 1030 kgで地球の約 33.3万倍。平均 ...
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  9. 太陽

    前川知大による戯曲。2011年、自身の演出により、劇団イキウメが青山円形劇場にて初演。第56回岸田国士戯曲賞候補作。第19回読売演劇大賞にて大賞・最優秀演出家賞受賞。2016年には入江悠監督により映画化された。
    デジタル大辞泉プラス
  10. 太陽

    古典落語の演目のひとつ。上方では「お日いさんの宿」と題する。
    デジタル大辞泉プラス
本文はここまでです このページの先頭へ