ここから本文です
  1. 同じ目的をもって集まった人のかたまり。また、その組織。
    大辞林 第三版
  2. 姓氏の一。
    大辞林 第三版
  3. 〘名〙 人の集まり。集まった人のひとかたまり。※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉下「四五人団(ダン)を為し」
    精選版 日本国語大辞典
  4. 姓氏の一つ。
    精選版 日本国語大辞典
  5. ⇒だん
    デジタル大辞泉
  6. 一つの組織にまとまっている集まり。仲間。団体。また、その団体の名称に付けて用いる。「団の名誉のためにがんばる」「消防団」「サーカス団」
    デジタル大辞泉
  7. 姓氏の一。[補説]「団」姓の人物団伊玖磨(だんいくま)団琢磨(だんたくま)
    デジタル大辞泉
  8. 扇・

    〘名〙 (「打ち羽」の意とも)① あおいで風を起こしたり、かざしとしたりする道具。多くは細く削った竹の骨に、紙または絹布を張って柄を付けたもの。円形が多い。材料や産地によって種々の呼び名がある。《季・夏》※十巻本和名抄(934頃)六「団扇 ...
    精選版 日本国語大辞典
  9. 〔團〕

    [音]ダン(呉) トン(唐)[学習漢字]5年〈ダン〉1 まるい。まるくまとまる。「団扇(だんせん)・団団・団欒(だんらん)/大団円」2 ひとかたまりに集まったもの。「団塊・団結・団地/一団・星団・船団・寒気団・原子団」3 同類の人の集まり。 ...
    デジタル大辞泉
  10. ・團・壇・弾・彈・断・斷・暖・檀・段・男・談

    【団(團)】 [音] ダン ・トン ① まるいこと。まるいもの。 「《ダン》団扇・団団」 「《トン》炭団たどん・布団」 ② まどか。 「団欒だんらん」 ③ あつまること。あつまり。 「団結・団地・一団・集団」 ④ (特に)組織された集団。 ...
    大辞林 第三版
本文はここまでです このページの先頭へ